理学療法士・作業療法士も知っておきたいサイテーションインデックスSCIEとは?

学会発表・論文投稿
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士も知っておきたいサイテーションインデックスSCIEとは?

専門理学療法士の申請要件にSCIに登録されている原著論文1本以上なんて基準があって,当時SCIとは何ぞやといったような話が話題になりました.

SCIというのはサイテーションインデックスのことですが,まだまだあまり知られていない概念であります.

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたいサイテーションインデックスSCIEについてご紹介させていただきます.

Writing, Write, Person, Paperwork, Paper, Notebook

 

 

 

 

 

 

SCIとSCIE

Science Citation Index(SCI)は,もともとInstitute for Scientific Information (ISI)によって作成され,現在はクラリベイト(旧トムソン・ロイター)によって管理されている科学技術分野のサイテーションインデックス(引用索引)で,学術界の実績評価基準として活用されてきました.

つまり専門理学療法士制度における原著論文の基準にもこの学術界の実績評価基準であるSCIが用いられているわけです.

その後,Science Citation Index Expanded(SCIE)が拡張版としてリリースされ,SCIがCD-ROMで発行されていたものがオンラインで公開されました.

 

 

 

 

 

 

 

SCIって何のためにあるの?

サイテーションインデックスには膨大な学術雑誌(ジャーナル)の情報が収録されておりますので,ユーザーはこれらのデータから文献間の引用・被引数など研究に必要な情報を収集することができます.

世界の一流ジャーナルで掲載されている論文の数や引用数から,どのような研究論文がどのぐらい引用されているのか,どの著者の論文の引用率が高いのかなどが見えてきますし,分野毎にどのジャーナルにどのような論文が発表され,その論文が何回引用されているかを追跡することで科学研究の傾向や進捗の把握にも役立ちます.

サイテーションインデックスは研究者にとって貴重な情報源なわけですね.

 

 

 

 

 

 

 

サイテーションインデックスが作られた背景

SCIはEugene Garfield博士が設立したInstitute for Scientific Informationにより1964年に発表された最初の科学分野におけるサイテーションインデックスです.

情報源であるデータベースは当初「Web of Knowledge」と称されていましたが,後に「Web of Science」となって学術ジャーナルだけでなく論文も収録するようになりました.

理学療法・作業療法分野の研究者の出版情報,研究で引用した論文へのリンクなどの情報まで幅広く収録されておりますので,論文と引用文献を簡単に紐づけて検索することが可能になります.

 

 

 

 

 

 

 

データベースに収録されているジャーナルに投稿しよう

理学療法士・作業療法士の場合も,SCIのようなサイテーションインデックスに収録されているジャーナルに論文を発表することが重要です.

最近はいわゆるはげたかジャーナルと呼ばれるような雑誌も多いので,まずはこのSCIに登録されているジャーナルへの論文投稿を目標とするとよいでしょう.

今では理学療法士・作業療法士が文献検索を行うのはほとんどがオンラインですので,インデックス付きの学術データベースに収録されているジャーナルに論文が掲載されることの意味は非常に大きいですね.

 

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたいサイテーションインデックスSCIEについてご紹介させていただきました.

理学療法士・作業療法士の皆様も,研究論文を投稿する際には,インデックス付きのデータベースに収録されているジャーナルへの掲載を目標とするのが良いですね.

タイトルとURLをコピーしました