人工膝関節全置換術(TKA)後の閉創は屈曲位・伸展位のどちらがよい?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術(TKA)後の閉創は屈曲位・伸展位のどちらがよい?

理学療法士・作業療法士が人工膝関節全置換術例を担当する機会は多いと思います.

実は人工膝関節全置換術例においては手術の際の閉創を屈曲位で行う場合と,伸展位で行う場合がありますが,どちらで行うのが望ましいのでしょうか?

今回は人工膝関節全置換術(TKA)後の閉創は屈曲位・伸展位のどちらがよいかを示したメタアナリシス論文をご紹介させていただきます.

Surgery, Hospital, Doctor, Care, Clinic, Disease

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Arch Orthop Trauma Surg. 2021 Feb 22. doi: 10.1007/s00402-021-03835-x. Online ahead of print.

Wound closure position in total knee arthroplasty: flexion versus extension-a meta-analysis of randomized controlled trials

Xiaomin Lu 1, Lilun Zhong 2, Xuewei Cao 3, Jun Liu 3, Jie Chen 1, Da Guo 4

Affiliations expand

PMID: 33616722 DOI: 10.1007/s00402-021-03835-x

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Total knee arthroplasty (TKA) is one of the most commonly used procedures in orthopedics. However, whether different would closure positions affect the clinical outcomes after TKA remains controversial. We conducted a meta-analysis of randomized controlled trials (RCT) to assess the effect of wound closure position on clinical TKA outcomes.

人工膝関節全置換術(TKA)は整形外科で最も一般的に使用されている手術療法のの1つです.

しかしながら閉創における肢位の違いがTKA後の臨床転帰に影響を与えるかどうかについては未だに議論の余地があります.

この研究では無作為化比較試験(RCT)を対象としてメタアナリシスを行い,閉創における肢位の違いが人工膝関節全置換術後のアウトカムに及ぼす影響を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Embase, PubMed, and the Cochrane Library databases were systematically searched. A systematic review and meta-analysis of all RCTs were performed to prove the role of different wound closure positions on TKA.

Embase,PubMed,およびCochrane Libraryデータベースを系統的に検索しております.

人工膝関節全置換術における閉創における肢位の違いを明らかにするために,すべてのRCTを対象としてシステマティックレビューとメタアナリシスを行っております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Five RCTs containing 389 patients were included. Surgical closure of 90° flexion in TKA was associated with higher post-operative range-of-motion (ROM) at post-operative 4 weeks, lower VAS post-operative pain scores 4 weeks and 3 months, better peak torque difference of flexor muscle strength at 60 and 180°/s angular velocities between the flexion and the extension groups, and better total work difference of flexor muscle strength at 180°/s angular velocity. The American Knee Society Score did not show any significant difference between two closure techniques. No complications were described in the literature review.

最終的に389例の人工膝関節全置換術例を含む5つのRCTが対象となりました.

人工膝関節全置換術における90°屈曲位での閉創は,術後4週における関節可動域(ROM)の増加,術後4週と術後3ヵ月におけるVASの術後疼痛スコアの低下に関連することが明らかとなりました.

また屈曲群と伸展群の間で60°/sと180°/s角速度での屈筋力のピークトルクや,180°/s角速度での屈筋力の総仕事量に有意差が見られました.

American Knee Society Scoreでは,閉創における肢位の違いは見られませんでした.

レビューでは合併症に関する記載はありませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: Wound closure in 90° flexion during TKA may provide better postoperative ROM, higher pain relief, preferable muscle strength improvement in short-term follow-up, and no increase in the risks of wound complications.

人工膝関節全置換術後における閉創は膝関節90°屈曲位で,伸展位と比較して術後の関節可動域が改善され,疼痛が緩和され,短期的には筋力の改善も良好であり,さらに創部合併症のリスクも増えないことが明らかとなりました.

 

今回は人工膝関節全置換術(TKA)後の閉創は屈曲位・伸展位のどちらがよいかを示したメタアナリシス論文をご紹介させていただきました.

理学療法士・作業療法士が閉創の肢位について考えることは少ないかもしれませんが,今回の結果から考えるとどの肢位で閉創したのかも把握しておく必要がありそうですね.

タイトルとURLをコピーしました