理学療法士・作業療法士の転職はなぜ3~4年目が多いのか?

就職活動
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士の転職はなぜ3~4年目が多いのか?

理学療法士・作業療法士は資格職ですので離職率が高いことで知られております.

キャリアアップを目的として転職される理学療法士・作業療法士が多いのも実際です.

でも理学療法士・作業療法士の転職のタイミングってどの時期が多いかご存じですか?

実は理学療法士・作業療法士の転職時期として多いのが3~4年目です.

でもなぜ3~4年目の転職が多いのでしょうか?

今回は理学療法士・作業療法士の転職はなぜ3~4年目が多いのかについて考えてみたいと思います.

Change neon light signage

 

 

 

 

 

 

 

3~4年目での転職が多い理由①:新人研修を終えているから

まずは3~4年目の理学療法士・作業療法士であれば新人研修を終えているというところがポイントです.

採用する側としては,新人教育が終わって理学療法士・作業療法士として基本的なことができるといった点は大きなポイントになるでしょう.

新人理学療法士・作業療法士のようにOJTといった現場での教育が必要なく,入社後すぐに即戦力として期待できるというのは非常に大きいでしょうね.

 

 

 

 

 

 

 

 

3~4年目での転職が多い理由②:組織に染まっていない

理学療法士・作業療法士も同じ職場での経験年数が長くなってしまうと,「前の職場ではこうだった」とか,「この職場のこのルールはおかしい」などといった不満をいうもらす理学療法士・作業療法士も増えます.

ある程度の経験を持った理学療法士・作業療法士がいい風を取り入れてくれる可能性がある一方で,経験年数が長くなると,強い主張をしてくる人も多いため,若いスタッフの方が環境に溶け込みやすく,採用しやすい傾向にあります.

3~4年であればまだ組織に染まりきっていない状況であり,採用する側としても扱いやすいといった点は大きなポイントになるでしょう.

 

 

 

 

 

 

 

3~4年目での転職が多い理由③:転職理由が書きやすい

理学療法士・作業療法士の場合にも転職したい理由は職場環境や給与面などさまざまだと思います.

しかしながら,転職の際の面接で言いづらい理由もあるでしょう.

ただ理学療法士・作業療法士として3~4年間働き続けていれば,現在の病院または施設で〇〇を3年間びましたので,今後は貴院で△△を学びキャリアアップしたいなどと転職の理由が書きやすいといった点もポイントです.

特に昨今は理学療法士・作業療法士の働き方も多様化しておりますので,分野が変わると学ぶべき内容も大きく変わります.

ここを逆手に取ってキャリアアップにつなげれば志望動機を明確にすることも比較的容易だと思います.

 

 

 

 

 

 

 

3~4年目の転職で気をつけること

理学療法士・作業療法士が3~4年目の転職する場合には,初めての転職なのでどうしたら良いのかわからないといった方も多いと思います.

養成校時代の就職活動の際には養成校の教員がいろいろな相談に乗ってくれたと思いますが,3~4年目での転職となると同僚や上司にも転職に関する相談ってしにくいのが実際ですよね.

でも初めての転職だからこそ失敗は避けたいと思うのも当然だと思います.

一方でほとんどの理学療法士・作業療法士が誤った転職活動をしてしまいます.

自分1人で転職活動をしてしまうんですよね.

最も多いのが「〇〇病院 求人」とインターネット検索して転職活動を行うパターンです.

ただただGoogleで検索しててもあなたに合った求人に巡り合うのは難しいですし,求人が出るタイミングを考慮するばいあもありますし,なかにはGoogle先生も知らない非公開求人というのが多く存在します.

自分1人で転職活動を行っていると,精神的に疲弊してきて最終的に「転職面倒くさい」といった状況に陥ってしまい,転職もうまくいかないことが多いわけです.

そこで理学療法士・作業療法士が転職をする上で活用したいのが,転職サイトによる支援サービスです.

転職サイトに登録することで転職における失敗のリスクを軽減することができます.

転職サイトに登録したからといって強引に転職を勧められるということはありません.

転職のプロが無料であなたの転職のサポートをしてくれますので安心です.

 

 

 

 

 

 

 

転職サイトを活用するメリット①:医療機関の特徴や情報を教えてくれる

転職サイトは求人の募集条件を決めるため,医療機関のその部署の役職者や人事と直接話をする機会が多くあります.

医療機関のリハビリテーション部がどのような分野に力を入れているのかといった情報だけでなく,雰囲気やホームページの内容だけでは入手することのできない情報を事前に手に入れることができ面接対策にも役立ちます.

 

 

 

 

 

 

 

転職エージェントを活用するメリット②:転職することを相談できる

転職活動は相談できる相手が限られており孤独な戦いになりがちです.

そんな時に転職のプロである転職サイトへへ相談できるというのは非常に大きなメリットです.

自分の置かれている今の状況が転職することがベストなのか,転職するならどんな環境が良いのかなどの相談にも乗ってくれます.

また求人を出している医療機関について直接聞きづらいことをキャリアアドバイザーが間に入ってくれることで悩みを解決してくれることもあります.

 

 

 

 

 

 

 

転職エージェントを活用するメリット③:履歴書の添削や面接対策をしてくれる

仕事をしながら履歴書を作成することや面接の対策を自分自身で行うことはかなりの労力を消費します.

その労力を最小限に抑えるためにも転職サイトを活用するべきです.

転職サイトを利用すれば事細かに履歴書の添削や面接に関してアドバイスをもらうことができます.

 

 

 

 

 

 

 

転職エージェントを活用するメリット④:給与アップが狙える

病院のホームページや求人サイトを利用した転職では,あなたがこれまでに習得した資格や経験が生かされずに、給料が下がる可能性もあります.

しかし自身で給料の交渉はなかなか言い出しづらいものです.

その点をキャリアアドバイザーが代行してくれることで,これまでの経験が生かされ給与のアップも期待できます.

 

個々にご紹介したように転職サイトを利用すればさまざまな恩恵を受けられます.

これが無料というわけですので利用しない手はありませんよね.

今回は私がお勧めする転職サイトをいくつかご紹介させていただきます.

マイナビ



マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

マイナビに限ったことではありませんが,理学療法士・作業療法士になって3~4年目になるが転職を成功させたいといった要望をエントリーシートに入力することが可能ですので,こういった情報を伝えておくことが重要となります.

 

マイナビコメディカルには東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

 

 

 

 

 

PTOTSTワーカー



PTOTSTワーカーは業界でもトップクラスの求人数を誇っているのが特徴です.

看護師・医師などの医療関連職の転職をサポートしている医療WORKERグループですので,病院・クリニック・診療所・介護施設・リハビリ施設などの求人の形態も豊富です.

また長年各医療関連施設との人材紹介で培った信頼性から求人数がありますので,他社にはない独占求人,新設などの関係で 一般には公開されない非公開求人も多いです.

またこういった転職サイトって地方求人に対応していなかったりしますがここは地方の求人も豊富ですので地方への転職を考えられている方にもお勧めです.

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の各職種専門のアドバイザーが専任で担当してくださいますので,要望のヒアリングから入職まで トータルで転職をサポートしてくださいます.

アドバイザーは病院・クリニック・リハビリ施設などとも密接な関係なので求人票に載っていない職場関係・一緒に働く人の人柄などの現場の情報を知ることが出来ます.

理学療法士・作業療法士になって3~4年目になるが転職を成功させたいといった要望をエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

 

 

 

 

PTOT人材バンク



ここも非常に求人数も多く,希望する転職先の情報を細かく登録できるのでお勧めです.

私自身も転職時にはこういった人材バンクに登録をしておりましたが,エージェントの方が自分に合った新しい職場に関する情報を提供してくださいます.

理学療法士・作業療法士になって3~4年目になるが転職を成功させたいといった要望をエントリーシートに書き込んでおけば,さまざまな条件を提示してくださいます.

タイトルとURLをコピーしました