NSAIDsの使用が変形性膝関節症(膝OA)の進行を助長する?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

NSAIDsの使用が変形性膝関節症(膝OA)の進行を助長する?

理学療法士・作業療法士であれば変形性膝関節症例を担当する機会は多いと思います.

変形性膝関節症例に対しては鎮痛目的でNSAIDsが使用されることが多いです.

NSAIDsによる鎮痛はあくまで対症療法ですから,NSAIDsの使用が結果的に変形性膝関節症を助長する可能性も考えられます.

今回はNSAIDsの使用が変形性膝関節症(膝OA)の進行を助長するか否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

assorted medication tables and capsules

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Rheumatology (Oxford) 2021 Jan 27;keab059. doi: 10.1093/rheumatology/keab059. Online ahead of print.

Association between current medication use and progression of radiographic knee osteoarthritis: data from the Osteoarthritis Initiative

Thomas A Perry 1 2, Xia Wang 2, Michael Nevitt 3, Christina Abdelshaheed 4 5, Nigel Arden 1 6, David J Hunter 2

Affiliations expand

PMID: 33502488 DOI: 10.1093/rheumatology/keab059

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: Use of specific medications may accelerate the progression of radiographic knee osteoarthritis (RKOA). Our aim was to examine the effect of medication use on the progression of RKOA.

特定の薬剤を使用すると,変形性膝関節症(膝OA)の進行を助長してしまう可能性があります.

この研究では変形性膝関節症(膝OA)の進行に対する薬物使用の影響を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: We used longitudinal data from the Osteoarthritis Initiative (OAI); an observational study of risk factors for knee OA. At baseline, we selected participants with RKOA (KL grade ≥2) and excluded those with a history of knee-related injury/surgery and other musculoskeletal disorders. Current medication use (use/non-use in the previous 30 days) and radiographic medial minimum joint space width (mJSW) data were available at baseline and annually up to 96-months follow-up. We used random-effects, panel-regression to assess the association between current medication use (non-users as reference group) and change in mJSW.

この研究ではOAI縦断的データを使用して調査が行われております.

ベースラインでは,変形性膝関節症(KLグレード≧2)の症例を対象として,膝関節関連の障害や手術の既往歴があり,その他の筋骨格系障害のある対象者を除外しております.

現在の薬物使用(過去30日間の使用/非使用)およびX線写真による内側最小関節裂隙幅(mJSW)のデータをベースライン時に,96ヵ月後まで毎年調査しております.

現在の薬物使用(非使用者を参照群とした)と内側最小関節裂隙幅の変化との関連を評価するために,ランダム効果,パネル回帰を用いて分析を行っております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Of 2,054 eligible participants, 2,003 participants with baseline mJSW data were included (55.7% female, mean age 63.3 (SD 8.98) years). Of 7 medication classes, at baseline non-steroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs) were the most frequently used analgesia (14.7%), anti-histamine (10.4%) use were frequent and, the following comorbidity medications were used most frequently; i) statins (27.4%), ii) anti-hypertensives (up to 15.0%), iii) anti-depressant/anxiolytics/psychotropics (14.0%), iv) osteoporosis-related medication (10.9%) and v) diabetes-related medication (6.9%). Compared with current non-users, current use of NSAIDs was associated with a loss of mJSW (b = -0.042, 95% CI -0.08 to -0.0004). No other associations were observed.

対象者2,054例のうちベースラインにおける内側最小関節裂隙幅のデータを有する2,003例を最終的な対象とております(女性55.7%,平均年齢63.3歳(SD8.98)).

7種類の薬物のうち,ベースラインでは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の使用頻度が最も高く(14.7%),抗ヒスタミン薬(10.4%)の使用頻度が高く,以下の併用薬の使用頻度が最も高い結果でありました.

スタチン,抗ヒスタミン薬,抗ヒスタミン薬,抗高血圧薬,抗うつ薬,抗不安薬,向精神薬,骨粗鬆症関連薬,糖尿病関連薬でありました.

現在の非使用者と比較して,NSAIDsの現在の使用は内側最小関節裂隙幅の喪失と有意な関連を認めました.

その他の関連は認めませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: In current users of NSAIDs, mJSW loss was increased compared with current non-users in participants with RKOA. Clinical trials are required to assess the potential disease-modifying effects of these medications.

NSAIDs使用者では変形性膝関節症例では非使用者と比較して内側最小関節裂隙幅の損失が増加しておりました.

これらの薬物の潜在的な疾患修飾効果を評価するためには臨床試験が必要であります.

 

今回はNSAIDsの使用が変形性膝関節症(膝OA)の進行を助長するか否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

この論文は解釈に注意が必要ですね.

変形性膝関節症による疼痛が強い者ほどNSAIDsの使用者が多いわけですし,疼痛が強い者ほど進行も顕著でありますので,NSAIDsの使用と変形性膝関節症進行の因果関係は不明です.

ただNSAIDsの使用はあくまで対症療法であって,理学療法士・作業療法士の立場としては内反モーメントを軽減させる方略が重要なのは言うまでもありません.

この結果からはNSAIDsの使用が変形性膝関節症の進行を助長するのかどうかはわかりませんね.

タイトルとURLをコピーしました