第56回理学療法士国家試験合格率が発表されました,第56回理学療法士国家試験の不適切問題は?第57回理学療法士国家試験の合格率は?

臨床実習・国家試験
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第56回理学療法士国家試験合格率が発表されました

2021年3月23日に第56回理学療法士国家試験の合格率が発表されました.

合格率は79.0%(新卒だけですと86.4%)でした.

コロナ禍真っただ中の第56回(2021年)理学療法士国家試験の合格率が高いと考えるか低いと考えるかはさまざまだと思いますが,今回はここ数年の理学療法士国家試験の合格率を振り返りながら,第56回理学療法士国家試験の合格率と,来年度に行われる第57回理学療法士国家試験の合格率について考えてみたいと思います.

pen om paper

第56回理学療法士国家試験の不適切問題は?

ちなみに不適切問題は理学療法士が1問,共通問題が4問で計5問だったようです.

(理学療法士)

午前 第4問

(共通)

午前 第53問

午前 第70問

午後 第59問

午後 第67問

理学療法士国家試験合格率の推移

このグラフは第42回(2007年)~第56回(2021年)の理学療法士国家試験の推移を表したものです.

このグラフから理学療法士国家試験の推移を読み取ることができます.

第42~45回の理学療法士国家試験の合格率は85%を超えていたわけです.

ちなみに私が受験したのはもうずいぶん前になりますが,この頃も理学療法士国家試験の合格率というのは90%を超えているのが当たり前でした.

衝撃は第46回です.
理学療法士国家試験の合格率がついに80%を下回ったのです.

また比較的記憶に新しいのが4年前に行われた第51回理学療法士国家試験です.

この年にも理学療法士国家試験の合格率が80%を下回っております.

合格率80%というとあまりイメージがわきにくいかもしれませんが,5人に1人以上が不合格になるわけですから,結構な確率です.

仮に40人のクラスであれば10名弱が不合格になるわけです.

これはすごいですよね.

第56回は79.0%ですのでまた5年ぶりに合格率が80%を下回ったことになります.

 

 

 

 

 

 

第56回理学療法士国家試験合格率は高い?低い? 

第56回理学療法士国家試験の合格率は79.0%(新卒だけですと86.4%)でした.
合格率は昨年・一昨年よりも下がり,比較的高い低い合格率であったといえるでしょう.

 

 

「晴れて国家試験に合格したけれど,就職先がまだ決まっていない…」という方には転職サイトの利用がお勧めです.

転職サイトを利用すれば時間も限られている中で理学療法士・作業療法士専任のキャリアアドバイザーが未経験でも応募が可能な求人のご紹介から,書類添削,面接対策,面接のスケジュール調整までサポートしてくださいます.

サービスの利用料は完全無料です.

はじめての就職活動で不安な方も,キャリアアドバイザーと一緒に活動をしていけますので,安心ですね.

ここでは私がお勧めする転職サイトをご紹介させていただきます.

マイナビ

マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

マイナビに限ったことではありませんが,国家試験に合格したがまだ就職が決まっていないのでサポートを受けたいといったポイントをエントリーシートに入力することが可能ですのでそういった要望を書き込んでおくことが重要となります.

あなたに必要なさまざまな情報をくださいますし,転職に関して職務履歴書の作成や面接対策などのサポートも頂けます.

マイナビコメディカルには東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

 

 

 

 

 

PTOTSTワーカー



PTOTSTワーカーは業界でもトップクラスの求人数を誇っているのが特徴です.

看護師・医師などの医療関連職の転職をサポートしている医療WORKERグループですので,病院・クリニック・診療所・介護施設・リハビリ施設などの求人の形態も豊富です.

また長年各医療関連施設との人材紹介で培った信頼性から求人数がありますので,他社にはない独占求人,新設などの関係で 一般には公開されない非公開求人も多いです.

またこういった転職サイトって地方求人に対応していなかったりしますがここは地方の求人も豊富ですので地方への転職を考えられている方にもお勧めです.

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の各職種専門のアドバイザーが専任で担当してくださいますので,要望のヒアリングから入職まで トータルで転職をサポートしてくださいます.

アドバイザーは病院・クリニック・リハビリ施設などとも密接な関係なので求人票に載っていない職場関係・一緒に働く人の人柄などの現場の情報を知ることが出来ます.

ちなみに転職サイトというと有資格者が登録するイメージがあるかもしれませんが,今年度国家試験を受験して合格された方でも登録が可能です.

LINEで情報を得られるのはありがたいと思います.

まだ就職が決まっていない理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方はこの機会を見逃さないようにしたいですね.

国家試験に合格したがまだ就職が決まっていないのでサポートを受けたいといったポイントをエントリーシートに入力することが可能ですのでそういった要望を書き込んでおくことが重要となります.


 

 

 

 

 

PTOTキャリアナビ




特にここは東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県の求人が豊富なので,関東圏で転職をお考えの方にはお勧めです.

また別サービスであん摩マッサージ指圧師,柔道整復師の方の転職サポートもされておりますので,理学療法士・作業療法士向けのみの転職サービスと比較すると介護施設やクリニックの求人が豊富です.

国家試験に合格したがまだ就職が決まっていないのでサポートを受けたいといったポイントをエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

 

 

 

 

 

第57回理学療法士国家試験合格率の予想 

今後受験を考えられている方が気になるのは第57回理学療法士国家試験の合格率がどうなるかといった点です.

第50回(2015年):82.7%

第51回(2016年):74.1%

第52回(2017年):90.3%

第53回(2018年):81.4%

第54回(2019年):85.8%

第55回(2020年):86.4%

第56回(2021年):79.0%

2015年から2019年までは難しい年⇒簡単な年といったように理学療法士国家試験の合格率が高い年と低い年を交互に繰り返していましたが,ここ数年は85~90%で落ち着いてきましたね.

特に2011年,2016年と理学療法士国家試験の合格率が非常に低い年が続いておりましたので,5年に1回は理学療法士国家試験の難易度が非常に高くなるといった噂もありました.

今回の国家試験で2021年は合格率が80%を下回りましたので,やはりこの法則からはしばらく目が離せません.

2026年も合格率が低くなることが予測されます.

いずれにしても第57回(2022年)の理学療法士国家試験の難易度もあまり高くならないことを期待したいですね.

いずれにしても第57回理学療法士国家試験を受験される方は,もう理学療法士国家試験受験まで1年をきっていることになりますので,早めに準備を進め理学療法士国家試験の合格と勝ち取りましょう.

タイトルとURLをコピーしました