異常歩行パターンが変形性股関節症を増悪させる?

変形性股関節症

異常歩行パターンが変形性股関節症を増悪させる?

変形性股関節症に対する理学療法の1つの役割として股関節症の進行予防が挙げられます.

また理学療法士が変形性股関節症進行予防を目的として歩容改善のための動作指導を行う機会は少なくないと思います.

しかしながら過去の研究ではどのような異常歩行パターンが変形性股関節症を増悪させるのかは明らかにされておりません

今回は歩行中の異常関節負荷が変形性股関節症例における臨床症状および軟骨欠損と関連するか否かを明らかにした論文をご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する研究

J Orthop Sports Phys Ther. 2019 Oct 14:1-30. doi: 10.2519/jospt.2019.8945. [Epub ahead of print]

Abnormal Joint Loading During Gait in Persons With Hip Osteoarthritis is Associated With Symptoms and Cartilage Lesions.

Liao TC, Samaan MA, Popovic T, Neumann J, Zhang AL, Link TM, Majumdar S, Souza RB.

今回ご紹介する研究は2019年10月に掲載されたばかりの新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Cross-sectional analysis.

研究デザインは横断研究です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究背景および目的

Hip joint loading in persons with hip osteoarthritis (OA) is not well-studied and its associations with symptoms and lesions are unknown.

To determine whether hip joint loading differs between subjects with and without radiographic hip OA and to identify its associations with patients’ symptoms and cartilage morphology.

変形性股関節症例における股関節への荷重負荷と臨床症状および軟骨欠損に関してはこれまで十分に明らかにされておりません.

この研究では歩行中の関節負荷の相違と,X線上における変形性股関節症の進行や,変形性股関節症例の臨床症状,軟骨形態との関連性について明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Forty-eight subjects (28 males, age 56.0 ± 12.2 years) with hip OA and 95 controls (40 males, age 43.2 ± 13.6 years) participated. Pelvic radiographs, questionnaires, magnetic resonance (MR) imaging, and gait analysis were administrated. Hip disability and OA Outcome Scores (HOOS) were used to assess symptoms. Cartilage morphology was graded on MR images using Scoring Hip OA with MR imaging grading (SHOMRI). Biomechanical variables included peak external hip joint moment (Nm/kg) and moment impulses (Nm⋅ms/kg) in all planes. Generalized Estimating Equations were used to compare the biomechanical characteristics between groups. In the subjects with OA, associations of moment impulses with HOOS and SHOMRI were assessed with partial correlation.

対象は変形性股関節症例48例と健常対照群95例となっております.

骨盤X線,質問紙,MRI,歩行分析を行っております.

また臨床症状の評価にはHOOSが用いられております.

軟骨形態についてはMRIを用いて段階評価が行われております.

バイオ目角に素敵な要因としてピーク股関節モーメント,モーメント積分値を全ての運動面から測定しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究結果

OA group exhibited higher peak external hip flexion and adduction moments (P<.001), and higher hip flexion, adduction, and external rotation moment impulses (P=.001~.039). Increased hip flexion moment impulses were correlated with worse HOOS subscores (r=-0.361~0.424, P<.05) and worse femoral SHOMRI grades (ρ=0.256~0.315, P<.05). Increased hip external rotation moment impulses were correlated with worse femoral SHOMRI grades (ρ=0.283~0.372, P<.05).

変形性股関節症例では有意に外部股関節屈曲・内転モーメントピークが高く,股関節屈曲・内転・外旋モーメント積分値が高いといった結果でありました.

さらに股関節屈曲モーメント積分値の増加と臨床症状の評価であるHOOSサブスコアに有意な関連を認めております.

また股関節屈曲モーメント積分値の増加は大腿骨頭側の軟骨形態と有意な関連を認めており,股関節外旋モーメント積分値の増加もまた大腿骨頭側の軟骨形態と有意な関連を認めております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Persons with hip OA exhibited abnormally high hip joint loads during walking, and high loads were associated with worse self-reported symptoms and cartilage morphology.

変形性股関節症例において,歩行中に異常な関節負荷を有する症例は臨床症状の増悪や関節軟骨形態変化が進みやすいと考えられます.

 

今回は歩行中の異常関節負荷が変形性股関節症例における臨床症状および軟骨欠損と関連するか否かを明らかにした論文をご紹介させていただきました.

この研究結果から考えると歩行中の股関節外部屈曲モーメント・股関節外部内転モーメント・股関節外部外旋モーメントを軽減させることが変形性股関節症の進行予防につながると考えられます.

理学療法士としてどのように歩容改善に介入するかといった1つのヒントになる論文ではないでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました