大腿骨近位部骨折術後例に対する作業療法って意味あるの?

投稿者: | 2019年11月7日

 大腿骨近位部骨折術後例に対する作業療法の効果はいかに? 

大腿骨近位部骨折は回復期リハビリテーション病棟の対象疾患にもなっており,在宅復帰を目標に作業療法士が日常生活動作指導を行う機会は少なくないと思います.

また昨今の高齢化に伴い,認知症や精神疾患を合併する大腿骨近位部骨折例が増加しており,作業療法士による精神心理的が行われる機会も多いと思います.

しかしながら大腿骨近位部骨折術後例に対して作業療法の効果はいかがなものでしょうか?

大腿骨近位部骨折術後例に対する作業療法の効果を明らかにした論文(システマティックレビュー・メタアナリシス)をご紹介させていただきます.

person knitting beige garment

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回ご紹介する論文 

Am J Phys Med Rehabil. 2019 Apr;98(4):292-298. doi: 10.1097/PHM.0000000000001069.

Is Occupational Therapy After Hip Fracture Surgery Effective in Improving Function?: A Systematic Review and Meta-Analysis of Randomized Controlled Studies.

Lee SY, Jung SH, Lee SU, Ha YC, Lim JY.

今回ご紹介する論文は2019年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 研究の目的 

The aim of the study was to evaluate whether occupational therapy (OT) improves activities of daily living and overall physical functioning of patients after hip fracture surgery.

この研究では大腿骨近位部骨折術後例に対する作業療法が日常生活動作能力および身体機能の改善に有効か否かを明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 データソース 

The data sources are PubMed-Medline, Embase, and Cochrane Library databases.

データソースはpubmed,Embase,コクランライブラリーデータベースとなっております.

 

 

 

 

 

 

 レビューの方法 

We searched for randomized controlled trials comparing occupational therapy with comprehensive postoperative care (without occupational therapy) after hip fracture surgery. A pairwise meta-analysis using fixed- and random-effects models was performed. The primary outcome of interest was performance of activities of daily living assessed in any manner. The secondary outcomes were other functional parameters: (1) physical function; (2) health perception and emotion; and (3) fall occurrence. Effect sizes were computed as standardized mean differences with 95% confidence intervals.

レビューの方法ですが大腿骨近位部骨折例に対して作業療法と一般的な包括的介入(作業療法を行っていない)を比較した無作為化比較試験を抽出しております.

メタアナリシスの手法を用いて解析を行っております.

主要アウトカムは日常生活動作能力とし,副次的なアウトカムとして身体機能,健康観,転倒事象としております.

 

 

 

 

 

 

 

 研究の結果 

Five randomized controlled trials including a total of 524 participants were retrieved. There was a trend toward improvement in activities of daily living, physical function, and fall occurrence, and these changes were not significant. However, health perception and patient emotions improved significantly in the occupational therapy group (standardized mean difference = 0.391, 95% confidence interval = 0.104 to 0.678, P = 0.008).

524例を含む5つの無作為化比較試験を最終的な対象としております.

対照群と比較して日常生活動作能力,身体機能,転倒事象は改善傾向にありましたが,結果は有意なものではありませんでした.

しかしながら健康観については作業療法を行った群で有意な改善が見られました.

 

 

 

 

 

 

 研究の結論 

Occupational therapy after hip fracture surgery seems to improve overall function. Indeed, the positive effects of occupational therapy on health perception and emotions were evident. Therefore, occupational therapy can be suggested in comprehensive rehabilitation programs after hip fracture surgery.

大腿骨近位部骨折例に対する作業療法は機能改善に有効であるか否かははっきりしない結果でありますが,作業療法によりクライアントの健康観が増すといったことが明らかになりました.

私自身も作業療法士の方が介入すると若い頃からの生活史を振り返ったうえで,個別性のある活動を取り入れていただけるのでADLや身体機能といった面以外の健康観や満足度,QOLといった部分で大きな効果があるのではないかと考えております.

今後もこういった報告が増えることを期待したいですね.

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です