喫煙すると人工関節全置換術後の創合併症や感染が増えるって本当?

投稿者: | 2019年10月5日

 喫煙すると人工関節全置換術後の創合併症や感染が増えるって本当? 

昨今は人工関節全置換術の耐用年数が長くなり,比較的若い年齢で人工関節全置換術を施行されるクライアントも多くなっております.

人工関節全置換術例の合併症として問題となるのが創治癒の遷延や感染症です.

若いクライアントの場合には喫煙習慣のある方も多いわけですが,この喫煙習慣が創治癒や感染症と関連するのでしょうか?

今回は喫煙すると人工関節全置換術後の創合併症や感染が増えるのかどうかを明らかにした研究をご紹介させていただきます.

man lighting cigarette stick

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回紹介する論文 

J Arthroplasty. 2019 Feb;34(2):385-396.e4. doi: 10.1016/j.arth.2018.09.089. Epub 2018 Oct 9.

Tobacco Use and Risk of Wound Complications and Periprosthetic Joint Infection: A Systematic Review and Meta-Analysis of Primary Total Joint Arthroplasty Procedures.

Bedard NA1, DeMik DE1, Owens JM1, Glass NA1, DeBerg J2, Callaghan JJ1.

今回紹介する論文は2019年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 研究の目的 

The purpose of this study was to perform a systematic review and meta-analysis to quantitatively assess the association between tobacco use and the risk of any wound complication and periprosthetic joint infection (PJI) after primary total hip and total knee arthroplasty procedures.

この研究ではメタアナリシスおよびシステマティックレビューといった手法を用いて,人工関節全置換術例における喫煙習慣と創治癒および感染症との関連性を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 研究の対象 

Relevant articles published before January 2018 were identified by systematically searching PubMed, EMBASE, and Cochrane library databases. Pooled odds ratios (OR) and 95% confidence intervals were calculated for end points of any wound complication and PJI. Additional analyses were performed to evaluate risks between current, former, and non-tobacco users.

対象は2018年までに公表された論文のうちPubmed,EMBASE,国欄データベースに登録された研究としております.

 

 

 

 

 

 

 

 研究の結果 

Fourteen studies were included in the meta-analysis. Tobacco users had a significantly higher risk of wound complications (OR, 1.78 [1.32-2.39]) and PJI (OR, 2.02 [1.47-2.77]) compared to non-tobacco users. Compared to non-tobacco users, there was an increased risk of PJI among current (OR, 2.16 [1.57-2.97] and former (OR, 1.52 [1.16-1.99]) tobacco users. Current tobacco users also had a significantly increased risk of PJI compared to former tobacco users (OR, 1.52 [1.07-2.14]).

メタアナリシスの対象として14研究が該当しました.

喫煙習慣のある者は創関連の合併症のリスクが有意に高く,術後感染のリスクも有意に高いといった結果でありました.

また過去に喫煙歴のある者(現在は禁煙している)は現在喫煙している者に比較して創関連の合併症や術後感染を引き起こすリスクが有意に低い結果でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の結論 

Tobacco use before total hip and total knee arthroplasty significantly increases the risk of wound complications and PJI. This increased risk is present for both current and former tobacco users. However, former tobacco users had a significantly lower risk of wound complications and PJI compared to current tobacco users, suggesting that cessation of tobacco use before TJA can help to mitigate these observed risks.

人工関節全置換術例において,喫煙者は創関連の合併症を引き起こしやすく,術後感染を合併しやすいことが明らかとなりました.

また過去に喫煙歴のある者(現在は禁煙している)は現在喫煙している者に比較して創関連の合併症や術後感染を引き起こすリスクが低いことも明らかとなりました.

したがって人工関節全置換術を施行する前に禁煙を推奨することが勧められます

 

今回は喫煙すると人工関節全置換術後の創合併症や感染が増えるのかどうかを明らかにした研究をご紹介させていただきました.

理学療法士もまた人工関節全置換術前後でクライアントに日常生活指導を行う上で知っておきたい内容ですね.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です