股関節外転筋群がバランス機能向上に重要 システマティックレビュー論文

介護予防
スポンサーリンク
スポンサーリンク

股関節外転筋群がバランス機能向上に重要 システマティックレビュー論文

理学療法士・作業療法士が股関節外転筋力トレーニングを行う機会は多いと思います.

歩行時の側方安定性やバランス機能向上には股関節外転筋群の担う役割は大きいと思います.

今回は股関節外転筋群がバランス機能向上に寄与するかどうかを検討したシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Beef

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Review Arch Phys Med Rehabil. 2022 Aug;103(8):1651-1662. doi: 10.1016/j.apmr.2021.12.008. Epub 2022 Jan 5.

Systematic Review of the Importance of Hip Muscle Strength, Activation, and Structure in Balance and Mobility Tasks

Marcel B Lanza 1, Breanna Arbuco 2, Alice S Ryan 3, Andrea G Shipper 4, Vicki L Gray 2, Odessa Addison 5

Affiliations expand

PMID: 34998714 DOI: 10.1016/j.apmr.2021.12.008

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: The aim of this systematic review was to identify the associations of the hip abductor muscle strength, structure, and neuromuscular activation on balance and mobility in younger, middle-aged, and older adults.

このシステマティックレビューでは若年者・中年者・高齢者における股関節外転筋の筋力・構造・神経筋の活性化がバランスと移動能力に及ぼす関連を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

データソース

Data sources: We followed PRISMA guidelines and performed searches in PubMed, Embase, CINAHL, and Physiotherapy Evidence Database.

PRISMAガイドラインに従ってPubMed,Embase,CINAHL,Physiotherapy Evidence Databaseで検索を行っております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の選択

Study selection: Study selection included: (1) studies with patients aged 18 years or older and (2) studies that measured hip abduction torque, surface electromyography, and/or muscle structure and compared these measures with balance or mobility outcomes.

研究の選択には以下を含めております.

(1)18歳以上の症例を対象とした研究

(2)股関節外転トルク,表面筋電図,筋構造を測定し,これらの測定値をバランスまたは運動性のアウトカムと比較した研究

 

 

 

 

 

 

 

 

データの抽出

Data extraction: The extracted data included the study population, setting, sample size, sex, and measurement evaluated.

データ抽出ですが研究集団,設定,サンプルサイズ,性別,および評価された測定値を含むデータを抽出しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

データの統合

Data synthesis: The present systematic review is composed of 59 research articles including a total of 2144 young, middle-aged, and older adults (1337 women). We found that hip abductor strength is critical for balance and mobility function, independent of age. Hip abductor neuromuscular activation is also important for balance and mobility, although it may differ across ages depending on the task. Finally, the amount of fat inside the muscle appears to be one of the important factors of muscle structure influencing balance.

今回のシステマティックレビューは合計2144例の若年・中年・高齢者(女性1337例)を含む59の研究論文で構成されております.

その結果,股関節外転筋の筋力は年齢に関係なくバランスとモビリティの機能に重要であることが明らかとなりました.

また股関節外転筋の神経筋活性化もバランスとモビリティに重要ですが,年齢によって課題によって異なる可能性があります.

最後に筋内部の脂肪量はバランスに影響を与える筋構造の重要な要因の1つであると考えられます.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: In conclusion, a change in all investigated variables (hip abduction torque, neuromuscular activation, and intramuscular fat) appears to have an effect during balance or mobility tasks across age ranges and may elicit better performance. Future studies are necessary to confirm the effect of these variables across age ranges and the effects of interventions.

結論として調査したすべての変数(股関節外転トルク,神経筋の活性化,筋内脂肪)の変化は,年齢層を超えてバランスまたはモビリティタスク中に効果を発揮し,より良いパフォーマンスを引き出す可能性あります.

今後,年齢層を超えてこれらの変数の効果や介入の効果を確認する研究が必要であります.

 

今回は股関節外転筋群がバランス機能向上に寄与するかどうかを検討したシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました.

年齢に関係なく股関節外転筋群を強化することには意味がありそうですね.

タイトルとURLをコピーしました