やはり筋力・筋厚を向上させるためには遠心性収縮が有用

運動療法・物理療法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

やはり筋力・筋厚を向上させるためには遠心性収縮が有用

理学療法士・作業療法士がクライアントに対して筋力トレーニング指導を行う機会は多いと思います.

筋力トレーニングを考える際に重要となるのが筋の収縮様式です.

どのような収縮様式でトレーニングを行うのが筋力や筋厚の向上に有効なのでしょうか?

今回は筋の収縮様式と筋力トレーニングによる筋力・筋厚の向上効果との関連性を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきます.

黒いバーベルを持つ男

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Eur J Appl Physiol. 2022 Sep 15. doi: 10.1007/s00421-022-05035-w. Online ahead of print.

Comparison between concentric-only, eccentric-only, and concentric-eccentric resistance training of the elbow flexors for their effects on muscle strength and hypertrophy

Shigeru Sato 1 2, Riku Yoshida 1, Fu Murakoshi 3, Yuto Sasaki 3, Kaoru Yahata 1, Kazuki Kasahara 3, João Pedro Nunes 4, Kazunori Nosaka 5, Masatoshi Nakamura 6

Affiliations expand

PMID: 36107233 DOI: 10.1007/s00421-022-05035-w

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: This study compared concentric-eccentric coupled (CON-ECC), concentric-only (CON), and eccentric-only (ECC) resistance training of the elbow flexors for their effects on muscle strength and hypertrophy.

この研究では肘関節屈筋のレジスタンストレーニングについて,求心性・遠心性連動(CON-ECC),求心性のみ(CON),遠心性のみ(ECC)の運動による筋力と筋肥大効果を比較することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Non-resistance-trained young adults were assigned to one of the four groups: CON-ECC (n = 14), CON (n = 14) and ECC (n = 14) training groups, and a control group (n = 11) that had measurements only. The training group participants performed dominant arm elbow flexor resistance training in extended elbow joint angles (0°-50°) twice a week for 5 weeks. The total training volume (dumbbell weight × number of contractions) in CON-ECC (5745 ± 1020 kg) was double of that in CON (2930 ± 859 kg) and ECC (3035 ± 844 kg), because 3 sets of 10 contractions were performed for both directions in CON-ECC. Maximum voluntary isometric (MVC-ISO), concentric (MVC-CON), and eccentric contraction (MVC-ECC) torque of the elbow flexors and biceps brachii and brachialis muscle thickness (MT) were measured at baseline, and 3-9 days post-last training session.

日常的に筋力トレーニングを実施していない若年成人を以下の4群のいずれかに割り付けております.

求心性・遠心性トレーニング (n = 14)

求心性トレーニング(n = 14)

遠心性トレーニング (n = 14)

対照群(測定のみ) (n = 11)

トレーニング群対象者は,週2回,5週間にわたって肘関節角度0°~50°で利き腕の肘関節屈筋のレジスタンストレーニングを行っております.

求心性・遠心性トレーニングでは両方向とも10回収縮を3セット行ったため,求心性・遠心性トレーニングでの総トレーニング量(ダンベル重量×収縮回数)は求心性トレーニングのみ(2930±859kg),遠心性トレーニングのみ(3035±844kg)の2倍でありました.

肘関節屈筋の最大随意等尺性収縮(MVC-ISO),最大随意求心性収縮(MVC-CON),最大随意遠心性収縮(MVC-ECC)のトルクと上腕二頭筋・上腕筋の筋厚(MT)をベースライン時,最終トレーニング後3~9日目に測定ております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: No significant changes in any measures were evident for the control group. The CON-ECC and ECC groups showed increases (P < 0.05) in MVC-ISO (12.0 ± 15.7% and 11.3 ± 10.8%, respectively) and MVC-ECC torque (12.5 ± 18.3%, 16.2 ± 11.0%) similarly. Increases in MVC-CON torque (P < 0.05) were evident for the CON-ECC (17.5 ± 13.5%), CON (10.5 ± 12.8%), and ECC (14.2 ± 10.4%) groups without a significant difference among groups. MT increased (P < 0.01) after CON-ECC (10.6 ± 5.4%) and ECC (9.7 ± 7.2%) similarly, but not significantly after CON (2.5 ± 4.8%).

対照群ではいずれの指標にも有意な変化は見られませんでした.

求心性・遠心性トレーニング群および遠心性トレーニングのみの群では,最大随意等尺性収縮トルク(それぞれ12.0±15.7%、11.3±10.8%)および最大随意遠心性収縮トルク(12.5±18.3%、16.2±11.0%)が同様に増加(P<0.05)しておりました.

最大随意トルクの増加(P < 0.05)は求心性・遠心性トレーニング群(17.5 ± 13.5%),求心性トレーニングのみ群(10.5 ± 12.8%),求心性・遠心性トレーニングのみ群(14.2 ± 10.4%)で明らかでありましたが,群間で有意差はありませんでした.

筋厚は求心性・遠心性トレーニング(10.6±5.4%)と遠心性トレーニングのみ(9.7±7.2%)で同様に増加しましたが,求心性トレーニングCON(2.5±4.8%)では有意差はありませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: ECC training increased muscle strength and thickness similarly to CON-ECC training, despite the half training volume, suggesting that concentric contractions contributed little to the training effects.

遠心性トレーニングは,トレーニング量が半分であるにもかかわらず,求心性・遠心性トレーニングと同様に筋力と筋厚を増加させ,トレーニング効果に求心性収縮がほとんど寄与していないことが示唆された.

 

今回は筋の収縮様式と筋力トレーニングによる筋力・筋厚の向上効果との関連性を考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました.

今回の結果から考えると改めて遠心性トレーニングの効果の大きさが理解できますね.

対象者や目的にもよりますが筋肥大を図るうえでは遠心性トレーニングは必須ですね.

タイトルとURLをコピーしました