股関節外転装具ってどこまで関節運動を制限できるの?

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

股関節外転装具ってどこまで関節運動を制限できるの?

人工骨頭置換術後や人工股関節全置換術後の脱臼に対して股関節外転装具が用いられることって多いと思います.

股関節内転運動を制限するために股関節外転装具が用いられることが多いわけですが,この股関節外転装具ってどこまで関節運動を制限できるのでしょうか?

今回は股関節外転装具がどこまで関節運動を制限できるのかを明らかにした研究をご紹介させていただきます.

Hip Abduction Orthosis - Unilateral by RCAI - #76HAO

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Arch Orthop Trauma Surg. 2022 Jun;142(6):1275-1281. doi: 10.1007/s00402-021-03989-8. Epub 2021 Jun 13.

Do hip-abduction braces work?-A biomechanical evaluation of a commercially available hip brace

Roman Michalik 1, Katrin Essing 2, Ben Rohof 2, Matthias Gatz 2, Filippo Migliorini 2, Marcel Betsch 3

Affiliations expand

PMID: 34120237 PMCID: PMC9110475 DOI: 10.1007/s00402-021-03989-8

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Introduction: Dislocations of the hip joint are a common and clinically relevant complication following total hip arthroplasty (THA). Hip-abduction braces are currently used following operative or non-operative treatment of THA dislocations to prevent re-dislocations. However, the clinical and biomechanical effectiveness of such braces is still controversial.

股関節脱臼は人工股関節全置換術(THA)後によく起こる臨床的に関連性のある合併症であります.

現在,股関節脱臼の手術後または非手術後に,再脱臼を予防するために股関節外転装具が使用されております.

しかしこのような装具の臨床的および生体力学的な有効性についてはまだ議論の余地があります.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Material and methods: A total of 30 volunteers were measured during standing and during sitting up and down from a chair task wearing a hip brace set at 70°, 90° or no hip flexion limitation. Range of motion of the hip joint was measured in all directions by an inertial sensor system. Further it has been evaluated if the range of motion would be reduced by the additional use of an arthrodesis cushion.

30例のボランティアを対象に70°,90°または股関節屈曲制限なしに設定した股関節装具を装着し,起立時および椅子からの着座時の動作を測定しております.

股関節の可動域は慣性センサーシステムにより全方向を計測しております.

さらに関節固定用クッションの追加使用によって,可動域が減少するかどうかを評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The use of a hip brace set up with flexion limitation did reduce hip ROM in all directions significantly compared to unhinged brace (p < 0.001-0.035). Performing the “sit down and stand-up task” the brace set up at 70° flexion limitation did reduce maximum hip flexion significantly (p = 0.008). However, in most cases the measured hip flexion angles were greater than the settings of the hip brace should have allowed. The additional use of a cushion can further limit hip motion while sitting up and down from a chair.

屈曲制限を設けた股関節装具の使用は装具非使用に比較して全方向の股関節ROMを有意に減少させました(p<0.001-0.035).

屈曲制限70°に設定したブレースで「座って立ち上がるタスク」を実施すると,股関節の最大屈曲が有意に減少しております(p=0.008).

しかしほとんどの場合,測定された股関節の屈曲角度は股関節装具の設定値よりも大きくなっておりました.

クッションを追加使用することで,椅子からの立ち上がりと立ち下がりの際の股関節の動きをさらに制限することができると考えられます.

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: This study has demonstrated that hip-abduction braces reduce hip range of motion. However, we also found that to achieve a flexion limitation of the hip to 90°, the hip brace should be set at a 70° hip flexion limitation.

この研究結果から股関節外転装具が股関節の可動域を減少させることが明らかとなりました.

しかし股関節の屈曲制限を90°にするためには,股関節装具の屈曲制限を70°に設定する必要があることも明らかとなりました.

 

今回は股関節外転装具がどこまで関節運動を制限できるのかを明らかにした研究をご紹介させていただきました.

これは非常に重要な結果ですね.

理学療法士・作業療法士も装具の屈曲角度以上に関節運動が起こるということを理解しておく必要がありますね.

タイトルとURLをコピーしました