高齢者は転倒予防介入の意義を理解できていない?

介護予防
スポンサーリンク
スポンサーリンク

高齢者は転倒予防介入の意義を理解できていない?

高齢化に伴って高齢者の転倒が増加しており高齢者の転倒は社会的な問題にもなっております.

理学療法士・作業療法士も高齢者の転倒を予防すべくさまざまな介入を行うわけですが,重要なのは高齢者自身が転倒に対してどういった意識を持っているかです.

理学療法士・作業療法士にとっても高齢者が転倒予防に対してどういった意識を持っているかを理解することは転倒予防介入を行ううえで重要だと思います.

今回は高齢者の転倒予防介入に関する意識を調査した研究報告をご紹介させていただきます.

man in black t-shirt and black shorts running on road during daytime

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Geriatr Phys Ther. 2022 Jul-Sep 01;45(3):E127-E136. doi: 10.1519/JPT.0000000000000304. Epub 2021 Mar 23.

Older Adults’ Perceptions Regarding the Role of Physical Therapists in Fall Prevention: A Qualitative Investigation

Jennifer L Vincenzo 1, Susan Kane Patton 2, Leanne L Lefler 3, Jason R Falvey 4, Pearl A McElfish 5, Geoffrey Curran 6, Jeanne Wei 7

Affiliations expand

PMID: 33782360 PMCID: PMC8589106 (available on 2022-09-23) DOI: 10.1519/JPT.0000000000000304

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Background and purpose: Falls are a leading cause of injury, morbidity, and mortality among older adults. Physical therapists are underutilized for fall prevention despite strong evidence and recommendations regarding their effectiveness. The purpose of this study was to explore older adults’ awareness of and perceptions regarding the role of physical therapists for fall prevention. A secondary purpose of the study was to identify barriers to utilization of preventive rehabilitation services.

転倒は高齢者の外傷,疾病への罹患,死亡の主要因であります.

理学療法士はその有効性に関する強力なエビデンスと推奨があるにもかかわらず,転倒予防に十分に活用されておりません.

この研究では転倒予防のための理学療法士の役割に関する高齢者の意識と認識を探ることを目的としております.

また予防的リハビリテーションサービスの利用に対する障壁を明らかにすることを第2の研究目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: A qualitative, descriptive, phenomenological approach was used. Participant demographics and fall history were obtained with a standard questionnaire. Four focus groups were conducted with 27 community-dwelling older adults (average age = 78 years). Focus groups were recorded, transcribed, and coded using thematic analysis.

質的・記述的,現象学的アプローチが用いております.

対象者の基礎的情報および転倒歴について標準的な質問票を使用して調査を行っております.

地域在住高齢者27例(平均年齢78歳)を対象として4回のフォーカスグループを実施しております.

フォーカスグループは記録され,書き起こされ,主題分析によってコード化されております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Surveys indicated 37% of participants experienced a fall in the last year and 26% reported sustaining an injury. Four main themes and 5 subthemes about older adults’ perceptions of physical therapy providers emerged: (1) awareness of fall prevention (subthemes: I can or have taken action to prevent falls, I don’t think about it, and I am more careful); (2) learning how to fall and being able to get up from the floor; (3) limited knowledge regarding the role of physical therapists for fall prevention; and (4) a physical therapist should be seen for a specific problem, or after a fall (subthemes: perceived need and costs, and access requires a doctor’s prescription).

アンケートの結果,対象者の37%が過去1年間に転倒を経験し,26%が怪我を負ったと報告しておりました.

高齢者の理学療法士に対する認識について,4つの主要テーマと5つのサブテーマが浮かび上がりました.

 

(1)転倒予防の意識(サブテーマ:転倒予防のための行動ができる,またはしたことがある,考えていない,より注意深くなった)

(2)転倒方法を学び床から起き上がることができる

(3)転倒予防に対する理学療法士の役割に関する知識が限られている

(4)理学療法士が転倒後の問題を解決するために医師の理学療法の処方が必要である

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Older adults lack awareness about the role of physical therapists for fall prevention, believing they should only seek treatment from a physical therapist to address a specific problem, or after a fall. The profession should consider addressing misconceptions and underutilization by educating the public that physical therapists can and do play an important role in the prevention of falls. Being explicit about the prevention of falls throughout an older adults’ episode of care may further help reinforce the role of physical therapists for fall prevention and improve dissemination of this knowledge.

高齢者は転倒予防のための理学療法士の役割について認識が不足しており,特定の問題に対処するため,あるいは転倒後にのみ理学療法士による治療を受けるべきであると考えておりました.

専門職は理学療法士が転倒予防において重要な役割を果たすことができ,また実際に果たしていることを一般市民に教育することによって,この誤解や理解不足に対処することを考慮すべきであります.

高齢者のケアエピソード全体を通して転倒予防を明確にすることは,転倒予防における理学療法士の役割を強化し,この知識の普及を向上させるのに役立つと考えられます.

 

今回は高齢者の転倒予防介入に関する意識を調査した研究報告をご紹介させていただきました.

今回の結果を見ても高齢者の認識としては転倒後にのみ理学療法介入を受けるべきといった認識の方が多いことが浮き彫りになりました.

最近は予防理学療法といった言葉も出てきておりますが,まだまだ理学療法士が予防に役立てる職業であることは十分に知られていないといったのが現状のようですね.

タイトルとURLをコピーしました