座位時間が長いと腰痛を発症しやすいというのは嘘?本当?システマティックレビューによる検討

腰部
スポンサーリンク
スポンサーリンク

座位時間が長いと腰痛を発症しやすいというのは嘘?本当?システマティックレビューによる検討

長時間のデスクワークを強いられるオフィスワーカーの場合には長時間の坐位が腰痛を引き起こすなんて話もあります.

でも座位時間が長いと本当に腰痛を発症しやすいのでしょうか?

今回は座位時間が長いと本当に腰痛を発症しやすいのかどうかを考えるうえでヒントになる論文をご紹介させていただきます.

Despaired, Businessman, Business, Despair

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

PeerJ. 2022 Mar 28;10:e13127. doi: 10.7717/peerj.13127. eCollection 2022.

The association between sedentary behavior and low back pain in adults: a systematic review and meta-analysis of longitudinal studies

HosamAlzahrani 1, Mansour Abdullah Alshehri 2 3, MsaadAlzhrani 4, Yasir S Alshehri 5, Wesam Saleh A Al Attar 2 6 7

Affiliations expand

PMID: 35391924 PMCID: PMC8983064 DOI: 10.7717/peerj.13127

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Low back pain (LBP) is a common musculoskeletal problem globally. While spending a longer time in sedentary behaviors is linked to several health problems; the quantitative association between different amounts of sedentary time and LBP is still unknown. This study aims to systematically review studies that examined the association between sedentary behavior and LBP development and LBP-related outcomes.

腰痛(LBP)は世界的に共通の筋骨格系の問題であります.

座位時間が長ければ長いほどさまざまな健康問題を引き起こしますが,座位時間の違いと腰痛の定量的な関連はまだ不明であります.

本研究は座位行動と腰痛発症および腰痛関連アウトカムとの関連を検討した研究を系統的にレビューすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: This systematic review and meta-analysis retrieved journal articles published from inception to March 2020 and were obtained by searching bibliographical databases. We included longitudinal study designs, including adult (aged ≥18) individuals with nonspecific LBP, and reporting estimates of the association between sedentary behavior and LBP development and LBP-related outcomes (i.e., pain intensity and disability).

このシステマティックレビューおよびメタアナリシスでは,創刊から2020年3月までに発表された雑誌論文を,書誌データベースを検索して入手したものであります.

非特異的な腰痛を有する成人(18歳以上)個人を含み,座りがちな行動と腰痛発症および腰痛関連アウトカム(すなわち痛みの強さと障害)との関連の推定を報告する縦断的研究デザインも対象としております.

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Sixteen longitudinal studies with 100,002 participants were included in this review (eight studies included in quantitative syntheses with 83,111 participants). The results of meta-analyses showed that a sedentary time of 3-<6 (Odds ratio (OR) 0.95, 95% CI [0.85-1.07]), 6-8 (OR 0.95, 95% CI [0.88-1.02]), and >8 (OR 0.92, 95% CI [0.85-1.00]) hours per day (h/d) was not associated with LBP development. A sedentary time of ≥3 h/d was associated with poor LBP-related disability (OR 1.24, 95% CI [1.02-1.51]), but not with pain intensity.

16の縦断的研究,100,002例がシステマティックレビューの対象となっております(量的統合に含まれた8つの研究,83,111例の対象者).

メタアナリシスの結果,1日(h/d)あたり3~6時間(オッズ比(OR)0.95、95%CI[0.85-1.07]),6~8時間(OR0.95、95%CI[0.88-1.02]),8時間以上(OR0.92、95%CI[0.85-1.00])の座位時間は腰痛発症と関連がないことが示されました.

3時間/日以上の座位時間は,腰痛に関連する障害の悪化(OR 1.24、95%CI [1.02-1.51])と関連しておりましたが,腰痛の強さとは関連しておりませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: A meta-analyses of longitudinal studies indicated that sedentary behavior of different durations was not associated with LBP development. However, the results showed that sedentary behavior ≥3 h/d was associated with worse LBP-related disability. These conclusions are tentative as the evidence was derived from mostly fair-quality studies using subjective measures of sedentary behavior.

縦断的研究のメタアナリシスによって,異なる持続時間の座位行動は腰痛発症と関連しないことが示されました.

しかし3時間/日以上の座りっぱなし行動は腰痛関連障害の悪化と関連することが示されました.

これらの結論はほとんどが座位行動の主観的尺度を用いた質の高い研究から得られたエビデンスであるため暫定的なものであります.

 

今回は座位時間が長いと本当に腰痛を発症しやすいのかどうかを考えるうえでヒントになる論文をご紹介させていただきました.

やはり一定以上の座位時間を強いられると腰痛を発症しやすいということですね.

産業理学療法分野においてもこのあたりも理学療法士が関わるうえで大きなヒントになりそうですね.

タイトルとURLをコピーしました