理学療法士・作業療法士も知っておきたい実は間違えている漢字の読み方

文章力
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士も知っておきたい実は間違えている漢字の読み方

理学療法士・作業療法士ってリハビリテーションに関する専門的知識は豊富ですが,一般常識が無い方が多いですよね.

社会人として勤務する上で一般常識が欠如しているために恥ずかしい思いをしたなんてご経験のある方もいらっしゃると思います.

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい実は間違えている漢字の読み方についてご紹介させていただきます.

Characters, Writing, Old, Japan, Scroll, Write, Text

 

 

 

 

 

 

 

漸く

×しばらく

〇ようやく

これはよくある間違いですね.

しばらくとようやくでは全く意味が異なりますので注意が必要です.

 

 

 

 

 

 

 

 

一段落

×ひとだんらく

〇いちだんらく

これもよく耳にする誤りです.

「ひとだんらくついたら報告します」なんて使い方は間違いなわけです.

 

 

 

 

 

 

 

 

押印

×おしいん

〇おういん

リハビリテーションの部門長がおしいんなんて言ってたら部下はついてきません.

笑い転げてしまいます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早急

×そうきゅう

〇さっきゅう

「そうきゅうに報告します」なんていうのも誤りです.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貼付

×はりつけ

〇ちょうふ

これは心電図や筋電図の電極を貼り付ける時に使用しますが,「ちょうふ」が正しいです.

「てんぷ」でも間違いではありません.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

進捗

×しんぽ

〇しんちょく

「しんちょくじょうきょう」という言葉が一般的になっておりますので,これは間違う方は少ないかもしれませんね.

 

 

 

 

 

 

 

 

代替

×だいがえ

〇だいたい

これもけっこう多い誤りです.

物理療法機器が故障して「だいがえ器」が来るなんて言ってたらNGです.

 

 

 

 

 

 

 

汎用

×ぼんよう

〇はんよう

これもけっこう多い誤りですね.

 

 

 

 

 

 

 

 

訃報

×けいほう

〇ふほう

これなんかは人が亡くなったときに使用されるのでそもそも間違えを指摘しにくいですね…

 

 

 

 

 

 

 

逝去

×いきょ

〇せいきょ

これも同様です.

 

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい実は間違えている漢字の読み方についてご紹介させていただきました.

皆様も間違って使用しているものがありませんでしたか?

こういった用語の読み方を誤るととても恥ずかしいので確実におさえておきたいですね.

タイトルとURLをコピーしました