合併症としてのサルコペニア もはやサルコペニアでない人が珍しい

介護予防
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合併症としてのサルコペニア もはやサルコペニアでない人が珍しい

サルコペニアと言えば十数年前には無かった概念です.

予防領域の理学療法においてはサルコペニアに関する研究が進んでおりますが,最近は脳卒中症例に合併するサルコペニアや変形性関節症例に合併するサルコペニアに関する報告も増えてきております.

理学療法士・作業療法士がクライアントに理学療法・作業療法を提供する上で,もはやサルコペニアは無視できない問題になってきてますね.

今回は合併症としてのサルコペニアの有病率を疾患毎に調査したシステマティックレビューならびにメタアナリシスをご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Prevalence of sarcopenia as a comorbid disease: A systematic review and meta-analysis.

Exp Gerontol. 2020 Mar;131:110801. doi: 10.1016/j.exger.2019.110801. Epub 2019 Dec 28.

Pacifico J1, Geerlings MAJ2, Reijnierse EM1, Phassouliotis C1, Lim WK1, Maier AB3.

今回ご紹介する論文は2020年に公開されたばかりの非常に新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Sarcopenia shares risk factors with various other age-related diseases. This meta-analysis aimed to determine the prevalence of sarcopenia as a comorbid disease.

サルコペニアは加齢に関連するさまざまな疾病のリスクとなることが明らかにされております.

このメタアナリシスでは合併症としてのサルコペニアの疾病ごとの有病率を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Medline, EMBASE and Cochrane databases were searched for articles from inception to 8th June 2018, reporting the prevalence of sarcopenia in individuals with a diagnosis of cardiovascular disease (CVD), dementia, diabetes mellitus or respiratory disease and, if applicable their controls. No exclusion criteria were applied with regards to definition of sarcopenia, individuals’ age, study design and setting. Meta-analyses were stratified by disease, definition of sarcopenia and continent.

Medline,EMBASE,コクランデータベースを用いて2018年6月以前のサルコペニアの有病率に関する論文を抽出しております.

疾病といたしましては脳血管障害,認知症,糖尿病,呼吸器疾患となっております.

除外基準は設けられておりません.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

The 63 included articles described 17,206 diseased individuals (mean age: 65.3 ± 1.6 years, 49.9% females) and 22,375 non-diseased controls (mean age: 54.6 ± 16.2 years, 53.8% females). The prevalence of sarcopenia in individuals with CVD was 31.4% (95% CI: 22.4-42.1%), no controls were available. The prevalence of sarcopenia was 26.4% (95% CI: 13.6-44.8%) in individuals with dementia compared to 8.3% (95% CI: 2.8-21.9%) in their controls; 31.1% (95% CI: 19.8-45.2%) in individuals with diabetes mellitus compared to 16.2% (95% CI: 9.5-26.2%) in controls; and 26.8% (95% CI: 17.8-38.1%) in individuals with respiratory diseases compared to 13.3% (95% CI: 8.3-20.7%) in controls.

63論文のうち疾病群17.206例,健常群22,375例が今回の研究の対象となっております.

脳卒中症例のサルコペニアの有病率は31.4%,認知症例のサルコペニアの有病率は26.4%(対照群は8.3%),糖尿病例のサルコペニアの有病率は31.1%(対照群は16.2%),呼吸器疾患のサルコペニアの有病率は26.8%(対照群13.3%)でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Sarcopenia is highly prevalent in individuals with CVD, dementia, diabetes mellitus and respiratory disease.

脳卒中症例,認知症例,糖尿病例,呼吸器疾患のいずれにおいてもサルコペニアの高い有病率が明らかとなりました.

 

今回は合併症としてのサルコペニアの有病率を疾患毎に調査したシステマティックレビューならびにメタアナリシスをご紹介させていただきました.

このデータを見てもわかるようにサルコペニアを合併している症例が非常に多いわけですね.

予防領域に限らず,われわれ理学療法士・作業療法士はサルコペニアに関する知識をもっておかないと高齢者を対象に理学療法・作業療法を提供できないことを裏付ける結果ですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました