変形性膝関節症

人工膝関節全置換術

膝関節疾患の理学療法に関連するお勧め書籍6選

今回は理学療法士・作業療法士向けに膝関節疾患に関連した書籍をご紹介させていただきました. 皆様も書籍を購入して知識を深めましょう.
変形性膝関節症

なぜ内側型変形性膝関節症に対する人工膝関節全置換術後に鵞足疼痛症候群が起こるのか?

今回は内側型変形性膝関節症に対する人工膝関節全置換術後に生じた鵞足疼痛症候群の予測因子に関する報告をご紹介させていただきました. 残念ながらBMIといった不可変的要因しか抽出されておりませんが,もう少し理学療法によって介入が可能な要因も含めた調査が必要ですね.
変形性膝関節症

8年ぶりに米国リウマチ学会(ACR)の変形性関節症ガイドラインが改訂される

今回は米国リウマチ学会(ACR)が関節炎財団と共同で改訂した手・股関節・膝の変形性関節症(OA)診療ガイドライン(GL)2019年改訂版がArthritis Rheumatol(2020年1月6日オンライン版)およびArth Care Res(2020年1月6日オンライン版)をご紹介させていただきました. 本邦とは変形性関節症例の特徴も異なるわけですが,本邦の変形性膝関節症例に対しても適応できる内容も多いと思いますので,理学療法士・作業療法士の皆様が変形性関節症例を対象に理学療法・作業療法を行う上での参考になればうれしいです.
変形性膝関節症

変形性膝関節症の予防を考える上ではmodifiable factorに注目せよ!

今回は,変形性膝関節症の発症に関連するmodifiable factorを明らかにした研究をご紹介させていただきました. 特に男性においては緑茶の摂取によって変形性膝関節症発症を予防できるというのは興味深いですね.
変形性膝関節症

キネシオテープって変形性膝関節症に対して有効なの?

今回はキネシオテープの使用が変形性膝関節症例の疼痛や機能改善に有効か否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 今回の結果からいえば即時的な疼痛軽減効果は明らかでありますので,理学療法士も積極的にキネシオテープを治療に導入したいところですね. ただ装具と異なるのは自身で装着が困難であるといった点がキネシオテープの大きな限界でしょうか. また理学療法士として気になるのはキネシオテープをどのようにまいたのかといった点です. 今後はキネシオテープの装着方法の相違による検討が待たれます.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する膝装具,外側楔状足底板,toe out歩行の組み合わせは転倒リスクを増加させる

今回は,膝装具,外側楔状足底板,toe out歩行の組み合わせが膝関節内転モーメントおよび転倒リスクに与える影響を明らかにした論文をご紹介させていただきました. 変形性膝関節症例に対する理学療法では,内反モーメントの軽減に主眼が置かれますが,転倒リスクや他の要因も合わせて考慮する必要がある結果ではないかと思います.
変形性膝関節症

湿度と風の強さと疼痛との関連性が明らかに,気温は疼痛とは無関係

今回はスマホを用いた実態調査によって気温・湿度・風の強さが疼痛と関連するか否かを調査した報告をご紹介いたしました. 天候が悪いと関節の痛みが強まるというのは,単なる迷信ではないようです. 理学療法士・作業療法士もこういった結果を受けて,疼痛評価の際には天候を考慮する必要がありそうですね. また理学療法士・作業療法士は天候を考慮して運動療法を提供する必要があるかもしれませんね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対するモビライゼーションって効果あるの?

今回は変形性膝関節症例に対する関節モビライゼーションが,膝痛および関節機能に与える影響を明らかにした報告をご紹介させていただきました. シャム刺激にどういった刺激が用いられたかが非常に気になるところですが,こういった徒手療法に関する無作為化比較試験は少ないので非常に意味のある論文ですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する固有受容感覚トレーニングは有効か? ROM-ex・筋力トレーニングだけじゃない

今回は変形性膝関節症例に対する固有受容感覚トレーニングは有効性を明らかにした報告をご紹介させていただきました. 残念ながら固有受容感覚トレーニングの詳細は明らかではありませんが,われわれ理学療法士も変形性膝関節症例に対する介入の1つとして固有受容感覚に対するアプローチをもっておきたいですね.
変形性膝関節症

内側型変形性膝関節症例に対する脛骨大腿関節内旋を伴うレッグプレス運動の効果

今回は内側型変形性膝関節症例に対する脛骨大腿関節内旋を伴うレッグプレス運動の効果を明らかにした研究をご紹介させていただきました. 理学療法士が比較的臨床に導入しやすい結果だと思いますので,日々の理学療法にいかしていきたいものです.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する理学療法士によるホームエクササイズ指導はパンフレット配布より有効か?

今回は変形性膝関節症例に対する理学療法士によるホームエクササイズ指導はパンフレット配布より有効か否かを明らかにした論文をご紹介させていただきました. 個別評価に基づくホームエクササイズ指導の有効性が確認されたのは,われわれ理学療法士にとっても非常に大きいと思います. これを励みにクライアントに適切な運動指導を行っていきたいものです.
変形性膝関節症

第7回日本運動器理学療法学会開催までに読んでおきたい研究紹介 変形性膝関節症関連3

今回はこの第7回日本運動器理学療法士学会の一般演題の中から面白そうな研究をいくつかご紹介いたしました. 学会に参加される方は学会までに抄録をしっかり読み込んで参加したいですね.
変形性膝関節症

第7回日本運動器理学療法学会開催までに読んでおきたい研究紹介 変形性膝関節症関連2

今回はこの第7回日本運動器理学療法士学会の一般演題の中から面白そうな研究をいくつかご紹介いたしました. 学会に参加される方は学会までに抄録をしっかり読み込んで参加したいですね.
変形性膝関節症

第7回日本運動器理学療法学会開催までに読んでおきたい研究紹介 変形性膝関節症関連

今回はこの第7回日本運動器理学療法士学会の一般演題の中から面白そうな研究をいくつかご紹介いたしました. 学会に参加される方は学会までに抄録をしっかり読み込んで参加したいですね.
変形性膝関節症

OAに対する保存療法は手術を減らすことができる?

今回は,変形性関節症例における早期のリハビリテーション介入が人工膝関節全置換術・人工股関節全置換術移行へのリスクを軽減できるのか否かを明らかにした報告を紹介させていただきました. われわれ理学療法士・作業療法士にとっては非常に心強い結果ですが,結局のところどういった介入を行うのかが重要であることは言うまでもありません.
変形性膝関節症

変形性膝関節症に対する膝蓋骨モビライゼーションは有効なのか?

今回は変形性膝関節症に対する膝蓋骨モビライゼーションの有効性を明らかにした報告をご紹介させていただきました. 当然と言えば当然の結果ですが,膝蓋骨アライメントをきちんと評価した上で介入を行えば,変形性膝関節症例の除痛を図る手段として膝蓋骨モビライゼーションによる介入は有効だということですね.
変形性膝関節症

過去の膝関節外傷は変形性膝関節症発症のリスクを増大させるのか?

今回は過去の膝関節外傷は変形性膝関節症発症のリスクを増大させることが明らかとなりました. 理学療法士として変形性膝関節症への移行に関して,クライアントへこういったデータに基づいた説明ができるようにしたいですね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する膝装具って膝蓋骨が出るタイプが良いの?

今回は変形性膝関節症例に対する膝装具の中で,膝蓋骨が出るタイプのものと膝蓋骨を覆うタイプのものとどちらが有効なのかを明らかにした報告を紹介させていただきました. 膝蓋骨を覆うタイプでは膝蓋大腿関節の運動を阻害することにはなりますが,より大きな安定性が得られ,疼痛の軽減や膝関節の安定性向上によって歩行能力に改善が得られるものと推測します. 同じ装具でもタイプによって疼痛軽減や歩行能力に及ぼす効果が異なるというのはわれわれ理学療法士も知っておきたい知識だと思います.
変形性膝関節症

杖の使用は内側型変形性膝関節症例の関節裂隙を狭小化の改善・予防につながるのか?

今回は杖の使用は内側型変形性膝関節症例の関節裂隙を狭小化の改善・予防につながるのか否かを明らかにした報告を紹介させていただきました. 残念ながら杖を使用しても関節裂隙幅に変化は無いといった結果でありましたが,観察期間が3ヶ月ですのでもう少し長期的にみてみるとどのような変化があるのかが気になります.
変形性膝関節症

理学療法士の視点で鵞足由来の疼痛について考える

今回は理学療法士の視点で鵞足由来の疼痛について考えました. 変形性膝関節症例をはじめとして鵞足炎を合併するクライアントは多いので,原因を考えた上で適切な対処を行いたいものです.
変形性膝関節症

変形性膝関節症に対する大腿四頭筋トレーニングでは外側広筋がカギ

今回は大腿四頭筋の中でも外側広筋にターゲットを当てて変形性膝関節症例に対する筋力トレーニングについて考えてみました. 重要なのは外側広筋が働きやすい環境を整えること,大腿直筋の活動を抑制しながら外側広筋を選択的に収縮させることです. 変形性膝関節症例を対象としてアプローチを行う上での一つのヒントになると嬉しいです.
人工膝関節全置換術

膝関節痛の原因として非常に多い膝蓋下脂肪体をひも解く

超音波エコーによる研究の発展により,最近は膝関節屈伸運動における膝蓋下脂肪体や膝蓋上嚢といった組織の重要性が多くの報告で明らかにされております. ただこれらの組織の動態というのはまだまだよくわかっていないことが多いのも事実です. 今回は理学療法士の視点で膝蓋下脂肪体について考えてみたいと思います.
変形性股関節症

理学療法士・作業療法士が関節拘縮と疼痛との関係を理解するにはトランスレーション理論の理解が必須

今回は関節拘縮と疼痛との関係性について,トランスレーション理論,Oblique translation理論を使って考えてみました. 関節拘縮と疼痛との関係を理解する上ではこの知識は必須です. また関節拘縮由来の疼痛を軽減させるためには,関節拘縮を引き起こす原因組織を明確にした上で,関節拘縮の改善を図ることが重要であるといえるでしょう.
変形性膝関節症

半月板損傷に対する理学療法評価

今回は半月板損傷例に対する理学療法評価について考えてみました. 今回は一般的な半月板損傷例の理学療法評価についてご紹介させていただきましたが,クライアントの状態によっては追加して行った方が良い検査も考えられます.
変形性膝関節症

理学療法士からみた膝蓋大腿関節痛を有するクライアントのバイオメカニクス

AKP(膝関節前面の疼痛)の原因となることが多い膝蓋大腿関節痛について理学療法士の視点で考えてみました. 内側広筋斜頭/外側広筋比に着目したトレーニングと合わせて,股関節・足関節といった隣接関節に対するアプローチが非常に重要となります. 膝関節だけでなく,股関節・足関節にも着目した上でアプローチを行うことが重要です.
変形性膝関節症

半月板損傷例に対する整形外科的治療 縫合術と切除術の違いをおさえておくべき

今回は半月板損傷例に対する整形外科的治療について考えてみました. 半月板損傷に対する手術療法は半月板切除術が主流でしたが,ここ数年縫合術の適応が拡大されてきており,半月板温存の重要性が見直されてきております. 後療法を担うわれわれ理学療法士の半月板切除術と半月板温存術の特徴を十分に理解した上で理学療法を行う必要がありますね.
変形性膝関節症

理学療法士であれば知っておきたい膝関節半月板の役割

今回は半月板の役割について考えてみました. 半月板の役割を理解する上では,荷重分散機能,円滑性を考慮する必要があります. 改めてですが理学療法士にとっても半月板って重要な組織だということが理解できます.
変形性膝関節症

膝関節屈曲可動域運動時になぜ膝関節後方に疼痛を訴えるのか?

今回は膝関節屈曲可動域運動時の膝関節後方の疼痛について考えてみました. 今回ご紹介した以外にも膝関節屈曲運動時の膝関節後方の疼痛の原因というのは考えられると思いますので,理学療法士は疼痛の原因を考えた上でアプローチを行う必要があると思います.
人工膝関節全置換術

理学療法士の視点で下肢伸展挙上(SLR)はなぜ行われなくなったのかを考える

下肢伸展挙上(SLR)と言えば,変形性膝関節症例をはじめとする膝関節疾患のクライアントに対して大腿四頭筋トレーニングとして用いられてきました.しかし最近では下肢伸展挙上(SLR)に対して否定的な意見も少なくありません. 今回は理学療法士の視点で下肢伸展挙上(SLR)を用いた筋力トレーニングについて考えてみたいと思います.
変形性膝関節症

理学療法士として膝関節疾患の関節水腫を考える

今回は理学療法士の視点で関節水腫に対する評価およびアプローチについて考えてみました. 関節水腫の程度や原因を把握し適切な対策が実施できれば,症状改善だけでなく,2次的な機能障害を予防することにもつながりますので,われわれ理学療法士の対応が重要になると言えるでしょう.
タイトルとURLをコピーしました