2019-09

変形性膝関節症

第7回日本運動器理学療法学会開催までに読んでおきたい研究紹介 変形性膝関節症関連

今回はこの第7回日本運動器理学療法士学会の一般演題の中から面白そうな研究をいくつかご紹介いたしました. 学会に参加される方は学会までに抄録をしっかり読み込んで参加したいですね.
働き方

理学療法士・作業療法士も総合病院が安泰の時代は終わった 皆さんの病院は大丈夫ですか?

理学療法士・作業療法士も公的な病院に勤務すれば安泰といった時代は終わったわけですね. やはり自分を磨くことを続けないと淘汰される時代なのは間違いありません. 申し訳ありませんが公立・公的な医療機関ほど年数だけがただ経過している理学療法士・作業療法士が多いといった印象もありますので(もちろんそうでない場合もありますが,あくまで印象ですのでご勘弁を),今後の再編の動きがどうなるのかが気になりますよね. いずれにしても国からすればベッドを削減しやすいのは民間よりも公的な医療機関だと思いますので国公立病院で中小規模の医療機関の再編が勧められるのは間違いないでしょうね.
働き方

なぜ理学療法士・整体師は腕組みポーズが多いのか?

今回はなぜ理学療法士・整体師は腕組みポーズが多いのかについて考えてみました. 理学療法士・整体師が写真のポーズとしてこういった腕組みを行うことまでは否定しませんが,私も含めてあまり良い印象を持たない方の方が多いのではないかと思います. こういった方に限ってSNSで治療自慢をされている方が多いのも実際です. クライアントと接する結果をもってクライアントから信頼を得るというのが本質ではないかと思いますので,少なくともクライアントと接する際に腕組みは控えたいですね.
変形性股関節症

第7回日本運動器理学療法学会開催までに読んでおきたい研究紹介 変形性股関節症関連

今回はこの第7回日本運動器理学療法士学会の一般演題の中から面白そうな研究をいくつかご紹介いたしました. 学会に参加される方は学会までに抄録をしっかり読み込んで参加したいですね.
書籍紹介

秋の学会に向けて理学療法士・作業療法士に向けてお勧めのスライドデザイン書籍7選

今回は秋の学会に向けて理学療法士・作業療法士に向けてお勧めのスライドデザイン書籍をご紹介させていただきました. せっかくの素晴らしい研究内容もスライドデザインのせいで伝わらないプレゼンになってませんか? この秋に少し重い腰を上げて理学療法士・作業療法士の皆さんもスライドデザインについて学んでみてはいかがでしょうか?
働き方

なぜ理学療法士・作業療法士に副収入が必要なのか?

今回は,なぜ理学療法士・作業療法士に副収入が必要なのかについて考えてみました. 特に20-30代の理学療法士・作業療法士は,いかに副収入を得るのかを考えながらアクションを起こす必要がありそうですね.
人工股関節全置換術

第7回日本運動器理学療法学会開催までに読んでおきたい研究紹介 人工股関節全置換術

今回はこの第7回日本運動器理学療法士学会の一般演題の中から面白そうな研究をいくつかご紹介いたしました. 学会に参加される方は学会までに抄録をしっかり読み込んで参加したいですね.
働き方

整形外科で勤務する理学療法士必見 軟部組織モビライゼーションが理学療法士の手関節・手部の障害を発生させる 

理学療法士・作業療法士ってクライアントとのためと思って我慢して仕事を継続している方も多い印象ですが,自分の体あっての仕事ですので,まずは自分の体に負担の少ない技術を身につけることが重要でしょう. また負担を考える上では,必要な人に必要なアプローチを提供するといった点もポイントになると思います.
大腿骨近位部骨折

第7回日本運動器理学療法学会開催までに読んでおきたい研究紹介  大腿骨近位部骨折関連

今回はこの第7回日本運動器理学療法士学会の一般演題の中から面白そうな研究をいくつかご紹介いたしました. 学会に参加される方は学会までに抄録をしっかり読み込んで参加したいですね.
変形性膝関節症

OAに対する保存療法は手術を減らすことができる?

今回は,変形性関節症例における早期のリハビリテーション介入が人工膝関節全置換術・人工股関節全置換術移行へのリスクを軽減できるのか否かを明らかにした報告を紹介させていただきました. われわれ理学療法士・作業療法士にとっては非常に心強い結果ですが,結局のところどういった介入を行うのかが重要であることは言うまでもありません.
変形性股関節症

Hip-spine syndromeとは?

今回は理学療法士の視点でHip-spine syndromeについて考えてみました. よく耳にするhip-spine syndromeといった概念ですが,4つの分類はもとより,どちらが主原因でどのような代償戦略によって二次的な障害が発生しているのかを見極めることが重要です.
人工膝関節全置換術

第7回日本運動器理学療法学会開催までに読んでおきたい研究紹介  人工膝関節全置換術関連

今回はこの第7回日本運動器理学療法士学会の一般演題の中から面白そうな研究をいくつかご紹介いたしました. 学会に参加される方は学会までに抄録をしっかり読み込んで参加したいですね.
未分類

理学療法士・作業療法士も必見 学会出張便利グッズ6選

今回は学会出張時に持っていきたい便利グッズをご紹介させていただきました. 理学療法士・作業療法士の皆さんも学会出張に向けてしっかりと準備をして快適な学会をお過ごしください.
働き方

なんちゃってリハビリという言葉を聞いたことはありませんか?

今回は理学療法士・作業療法士の皆様も気になる「なんちゃってリハビリ(理学療法)」について考えてみました. 私自身もこの記事の作成を通じて,当たり前ですが「なんちゃってリハビリ(理学療法)」を提供してしまわないように目的を持ってリハビリテーション(理学療法)を行っていく必要があるなと感じました.
足関節周囲外傷

第7回日本運動器理学療法学会開催までに読んでおきたい研究紹介 足関節関連

今回はこの第7回日本運動器理学療法士学会の一般演題の中から足関節関連の面白そうな研究をいくつかご紹介いたします.
働き方

理学療法士・作業療法士の勉強会という名の残業

今回は理学療法士・作業療法士の勉強会と名の残業について考えてみました. 私自身も若い頃は夜遅くまで勉強会に参加していました. 正直なところ,今の若い理学療法士・作業療法士は時代の流れからこういった場を奪われていると考えると非常にかわいそうだなと思ったりもします. もちろん,時間外に勉強したくないといった理学療法士・作業療法士もいらっしゃるかもしれませんが…
働き方

理学療法士・作業療法士の都道府県別給料

今回は理学療法士・作業療法士が気になる,地域別・都道府県別のリハビリ職の平均年収・給料についてご紹介させていただきました. これだか見ると,関東に,東京に就職した方がお得な感じがするかもしれませんが,皆さんお気づきのとおりそんな単純ではないですよね. 都心部であれば家賃を含め物価が高いわけですので,給料が高くても生活に苦労しそうです. また給料が高いということは,業務量や仕事面で求められるレベルも高い可能性も考えられます.
人工膝関節全置換術

TKA症例に対する股関節周囲筋の筋力トレーニング

今回はTKA症例に対する股関節周囲筋の筋力トレーニングの効果を検討した無作為化比較試験をご紹介させていただきました. 変形性膝関節症例においては膝関節内反モーメントを軽減させるために,罹患側に体幹を傾斜させた歩行パターンを呈する症例が少なくありません. 罹患側へ体幹傾斜した歩行パターンでは股関節外転筋の筋活動は低下し,こういった歩行パターンが長期化すると股関節機能も低下するものと考えられます.
変形性膝関節症

変形性膝関節症に対する膝蓋骨モビライゼーションは有効なのか?

今回は変形性膝関節症に対する膝蓋骨モビライゼーションの有効性を明らかにした報告をご紹介させていただきました. 当然と言えば当然の結果ですが,膝蓋骨アライメントをきちんと評価した上で介入を行えば,変形性膝関節症例の除痛を図る手段として膝蓋骨モビライゼーションによる介入は有効だということですね.
変形性膝関節症

過去の膝関節外傷は変形性膝関節症発症のリスクを増大させるのか?

今回は過去の膝関節外傷は変形性膝関節症発症のリスクを増大させることが明らかとなりました. 理学療法士として変形性膝関節症への移行に関して,クライアントへこういったデータに基づいた説明ができるようにしたいですね.
働き方

所属学会 日本理学療法士協会は恥しいですよ!

今回はなぜ所属学会に日本理学療法士協会と記載することがNGなのかについて考えてみました. なんだそんなことかと思われた方も多いと思いますが,こんな常識的なことがきちんとできていないのが多いのも実際です. 多くの方に共有いただき,所属学会に関する認識が変われば良いなと思っておりますので,皆様もSNS等でのシェアをよろしくお願いいたします.
介護予防

Timed up & Go testの結果から将来的な骨折発生を予測できる

今回はTUGで骨折を予測できる可能性があるといった論文を紹介させていただきました. 興味深いのは骨量から独立して骨折リスクを予測する要因になり得るといった点です. この結果から見ると骨折予防においては,骨粗鬆症の予防と身体機能向上といった両面からのアプローチが重要であると考えられます.
働き方

敬老の日に理学療法士が本邦の高齢化を考える

今回は敬老の日にちなんで理学療法士が本邦の高齢化について考えてみました. 高齢化社会において理学療法士が果たすべき役割は非常に大きいと考えております. 時代のニーズに合った働き方をしていきたいものです.
働き方

理学療法士はプライドが高い人間が多い?

プライドの高い理学療法士・作業療法士には,自分は実力がある,認められたいと思いながらも自分自身に自信がないという矛盾があります. まずは自分自身に自信が持てるように,変なプライドを持たなくても良いように自己研鑽に励む必要がありますね.
人工股関節全置換術

ウォーキングよりもランニングの方が関節への負担が小さいって嘘でしょ?

今回はウォーキングよりもランニングの方が股関節への負担が小さいのかどうかを明らかにした報告をご紹介させていただきました. 驚きの結果ですが,考えてみると関節に負荷の加わる時間が短いのでそれだけ関節負荷が小さいということになります. ランニングには当然ながらさまざまなリスクが伴いますので,この結果をもとにランニングを指導すればよいということではないと思いますが,立脚時間を短縮させることが関節負荷を軽減させる1つのポイントになりそうですね.
働き方

理学療法士・作業療法士はもう少しお金に興味を持とう

今回は理学療法士・作業療法士はもう少しお金に興味を持つべきだといった話をさせていただきました. 改めて理学療法士・作業療法士の皆様がお金について考える気かになればうれしいです.
働き方

理学療法士・作業療法士と奨学金制度

今回は理学療法士・作業療法士と奨学金制度について考えてみました. 皆様も計画的な返還プランを考えてみてください.
運動療法・物理療法

真夏の屋外歩行練習どうしてますか?

今回は理学療法士の視点で真夏の屋外歩行練習について考えてみました. 社会復帰や在宅復帰を目的とした屋外歩行練習に季節は関係ありません. なぜなら退院後は暑くても寒くてもクライアントは外出する必要がありますので,体を慣らしておくことも重要です. 特に夏の暑さと日差しはリスクの高いものですが,そうした環境要因も含め,屋外歩行を行うことに意義があるわけです. 理学療法士・作業療法士はクライアントの体調を十分に評価した上で,屋外歩行練習を楽しんでいただけるような環境を作ってあげる必要があるでしょうね.
働き方

理学療法士を名乗っての SNS 発信情報への注意喚起

インターネット上にはさまざまな情報があふれております. これは理学療法士に関連する情報に限ったことではありません. 今回の通知は国民向けに出されたものですが,私のブログも含めて情報を吟味した上で誤った情報に左右されないようにしたいものですね.
運動療法・物理療法

運動を継続できない言い訳を打ち破る方法

今回は運動を継続できない言い訳を打ち破る方法について理学療法士の視点で考えてみました. はじめから完璧なプログラムをこなそうとしても継続できません. 気楽に自分に合った運動を楽しむということが長く継続する上では重要だと思います.
タイトルとURLをコピーしました