理学療法士・作業療法士も知っておきたいN95マスク 何がN?何が95? N95マスクって何?

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士も知っておきたいN95マスク 何がN?何が95? N95マスクって何?

新型コロナウイルス感染が逼迫する中でN95マスクを装着して仕事をされている理学療法士・作業療法士も多いと思います.

この「N95マスク」ですが,「N」の意味するところや「95」の意味するところってご存じですか?

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたいN95マスクについてご紹介させていただきます.

white round plastic container on white table

 

 

 

 

 

 

 

N95マスクとは?

N95マスクってどんなマスクなのでしょうか?

N95マスクというのはアメリカ合衆国労働安全衛生研究所のN95規格をクリアし,認可された微粒子対応マスクのことを指します.

今回は感染対策に欠かせない存在となっているN95マスクについて深掘りしていきます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

N95マスクの「N」の意味するところは?

アメリカ合衆国労働安全衛生研究所規格の防塵マスクには以下の3つの種類があります.

N:耐油性なし(Not resistant to oil)

R:耐油性あり(Resistant to oil)

P:防油性あり(oil Proof)

鉱山や工場などではオイルミストを吸い込まないためにRやPが使用されますが,医療現場では耐油性というのは基本的には不要ですので,「N」が私用されます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

N95マスクの「95」が意味するところは?

アメリカ合衆国労働安全衛生研究所の防塵マスクはさらに0.30μmの微粒子をどれだけ捕集するかによって95,99,100の3種類に分類されます.

95:95%以上

99:99%以上

100:99.97%

咳などで飛ぶ飛沫は5μm以上,空気感染する飛沫核は5μm以下であり,医療現場では「95」でも十分に防護が期待できます.

そのため医療現場では95マスクが使用されます.

 

 

 

 

 

 

 

 

N95マスクが必要な場面

ではどういった場面でN95マスクが必要となるのでしょうか?

空気感染の予防

結核,麻疹,水痘など空気感染する感染症に罹患しているクライアントに接触する際にはN95マスクを装着して対応を行います.

エアロゾル感染の予防

エアロゾルの発生しやすい気管挿管,抜管,気管支鏡検査,ネブライザー吸引,痰の吸引,口腔ケア時の看護にはN95マスクを装着することが望ましいです.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

N95マスク装着時の注意点

N95マスクは正しい場面で使用するとともにユーザーシールチェックを行ってしっかり顔にフィットしているかどうかを確認することが重要です.

N95マスクを装着していると息苦しさや風通しの悪さによってしんどいこともありますが,感染予防のために正しく活用できると良いですね.

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたいN95マスクについてご紹介させていただきました.

意外に知っているようで知らないN95マスクについてご紹介させていただきました.

N95マスクを装着してのリハビリテーション業務は大変ですが皆様も感染に気を付けて仕事をしましょう.

タイトルとURLをコピーしました