筋トレを週に30~60分で死亡・疾病リスクが減少?

運動療法・物理療法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

筋トレを週に30~60分で死亡・疾病リスクが減少?

理学療法士・作業療法士がクライアントに指導することが多いのが筋力トレーニングです.

筋力トレーニングはさまざまな疾病に対して有効であることが報告されております.

今回は筋力トレーニングを週に30~60分で死亡・疾病リスクが減少するといったお話です.

person locking gym plates on barbell

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する研究

Review Br J Sports Med. 2022 Feb 28;bjsports-2021-105061. doi: 10.1136/bjsports-2021-105061. Online ahead of print.

Muscle-strengthening activities are associated with lower risk and mortality in major non-communicable diseases: a systematic review and meta-analysis of cohort studies

Haruki Momma # 1, Ryoko Kawakami # 2, Takanori Honda 3, Susumu S Sawada 2

Affiliations expand

PMID: 35228201 DOI: 10.1136/bjsports-2021-105061

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To quantify the associations between muscle-strengthening activities and the risk of non-communicable diseases and mortality in adults independent of aerobic activities.

この研究では有酸素運動とは別に成人における筋力トレーニングと非伝染性疾患および死亡のリスクとの関連を定量的に明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: Systematic review and meta-analysis of prospective cohort studies.

研究デザインは前向きコホート研究のシステマティックレビューおよびメタアナリシスとなっております.

 

 

 

 

 

 

 

データソース

Data sources: MEDLINE and Embase were searched from inception to June 2021 and the reference lists of all related articles were reviewed.

MEDLINEとEmbaseをinceptionから2021年6月まで検索し,関連するすべての論文の参考文献リストをレビューしております.

 

 

 

 

 

 

研究選択の適格基準

Eligibility criteria for selecting studies: Prospective cohort studies that examined the association between muscle-strengthening activities and health outcomes in adults aged ≥18 years without severe health conditions.

重度の健康状態のない18歳以上の成人において,筋力トレーニングと健康アウトカムとの関連を検討した前向きコホート研究となっております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Sixteen studies met the eligibility criteria. Muscle-strengthening activities were associated with a 10-17% lower risk of all-cause mortality, cardiovascular disease (CVD), total cancer, diabetes and lung cancer. No association was found between muscle-strengthening activities and the risk of some site-specific cancers (colon, kidney, bladder and pancreatic cancers). J-shaped associations with the maximum risk reduction (approximately 10-20%) at approximately 30-60 min/week of muscle-strengthening activities were found for all-cause mortality, CVD and total cancer, whereas an L-shaped association showing a large risk reduction at up to 60 min/week of muscle-strengthening activities was observed for diabetes. Combined muscle-strengthening and aerobic activities (versus none) were associated with a lower risk of all-cause, CVD and total cancer mortality.

16件の研究が適格基準を満たしておりました.

筋力トレーニングは全死亡,心血管疾患(CVD),全がん,糖尿病,肺がんのリスクを10~17%低下させることと関連しておりました.

筋力トレーニングといくつかの部位,特異的がん(結腸がん,腎臓がん,膀胱がん,膵臓がん)のリスクとの関連は認められませんでした.

全死亡,CVD,全がんについては,約30~60分/週の筋力トレーニングで最大のリスク低減(約10~20%)を示すJ字型の関連が認められましたが,糖尿病については最大60分/週の筋力強化活動で大きなリスク低減を示すL字型の関連が観察されました.

筋力トレーニングと有酸素運動の併用(併用しない場合)は全死亡,CVD,がん総死亡のリスク低下と関連しておりました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Muscle-strengthening activities were inversely associated with the risk of all-cause mortality and major non-communicable diseases including CVD, total cancer, diabetes and lung cancer; however, the influence of a higher volume of muscle-strengthening activities on all-cause mortality, CVD and total cancer is unclear when considering the observed J-shaped associations.

筋力トレーニングは全死亡およびCVD,総がん,糖尿病,肺がんを含む主要な非感染性疾患のリスクと逆相関しておりました.

しかし観察されたJ字型の関連を考慮すると筋力トレーニングをより多く行うことによる全死亡,CVD,総がんへの影響は不明であります.

 

今回は筋力トレーニングを週に30~60分で死亡・疾病リスクが減少するといったお話でした.

たかが筋力トレーニング,されど筋力トレーニングと言える結果ではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました