人工股関節全置換術はともかく人工骨頭置換術後にも脱臼指導は必要?

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工股関節全置換術はともかく人工骨頭置換術後にも脱臼指導は必要?

人工股関節全置換術や人工骨頭置換術後に問題となることが多いのが術後の脱臼です.

人工股関節全置換術には関節包の展開も大きいので後方アプローチでは特に脱臼に注意が必要です.

でも人工骨頭置換術の場合にはどうなのでしょうか?

今回は人工股関節全置換術はともかく人工骨頭置換術後にも脱臼指導は必要なのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきます.

Free photos of Woman

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Injury. 2022 Aug;53(8):2823-2831. doi: 10.1016/j.injury.2022.06.023. Epub 2022 Jun 21.

Acetabular morphological variation in Asian patients with femoral neck fracture: A three-dimensional CT-based study

Kei Sano 1, Yasuhiro Homma 2, Yuichi Shirogane 1, Seiya Ishii 1, Tomoyuki Ito 3, Tomonori Baba 1, Kazuo Kaneko 1, Muneaki Ishijima 1

Affiliations expand

PMID: 35768326 DOI: 10.1016/j.injury.2022.06.023

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Aims: The acetabular morphology varies greatly among individuals, and hypoplasia is more common in Asia than in Europe. Dislocation after bipolar hip arthroplasty (BHA) for femoral neck fracture occurs at a constant rate, and is affected by the acetabular morphology. This study aimed to clarify individual differences in the acetabula of Asian patients with displaced femoral neck fractures.

臼蓋の形態は個人差が大きく,ヨーロッパよりもアジアで低形成が多く見られます.

大腿骨頚部骨折に対するバイポーラ人工股関節置換術(BHA)後の脱臼は一定の確率で発生し,寛骨臼の形態に影響されます.

この研究では転位型大腿骨頚部骨折を有するアジア人の寛骨臼の個人差を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の対象と方法

Patients and methods: Fifty patients with displaced femoral neck fractures were assessed (50 fractured hips, 50 non-fractured hips). On CT corrected by the anterior pelvic plane, the 100 hips were assessed regarding acetabular coverage (six parameters), acetabular depth (two parameters), and acetabular opening angle (four parameters). Additional parameters related to the fracture and sex were examined. The percentile of each parameter was shown for all hips.

転位型大腿骨頚部骨折例50例を評価しております(骨折側50肢,非骨折側50肢).

骨盤前方平面で補正したCT上で,100肢の股関節を,寛骨臼(6つのパラメータ),寛骨臼の深さ(2つのパラメータ),寛骨臼開口角(4つのパラメータ)に関して評価しております.

さらに骨折と性別に関連するパラメータを調査しております.

各パラメータのパーセンタイルはすべての股関節について示されております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: There was no patient with hip dysplasia defined as superior acetabular sector angle (SASA) less than 110° Compared with men, women had a significantly smaller anterior acetabular sector angle (AASA) (p = 0.016), and significantly larger acetabular inclination angle (p = 0.006) and acetabular index angle (p = 0.034). In the group with a normal SASA, seven hips (7.3%) had an anterior wall defect (AASA<50°) and five hips (5.2%) had a posterior wall defect (posterior acetabular sector angle<90°).

上臼蓋角(SASA)が110°未満と定義された股関節形成不全の症例は存在しませんでした.

男性に比較して女性は前臼蓋角(AASA)が有意に小さく(p=0.016),臼蓋傾斜角(p=0.006)および臼蓋指標角(p=0.034)が有意に大きくなっていることが明らかとなりました.

上臼蓋角が正常なグループでは,7関節(7.3%)に前壁欠損(AASA<50°),5関節(5.2%)に後壁欠損(後臼蓋セクター角<90°)がみられました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Older adults with femoral neck fractures can have anterior wall and posterior wall defects, even if their SASA is normal. Hidden acetabular dysplasia may be related to post-BHA dislocation. So, our results suggest that is important to accurately evaluate the acetabulum of patients with femoral neck fracture before surgery.

高齢者の大腿骨頚部骨折では,上臼蓋角が正常であっても前壁および後壁の欠損を認めることがあります.

隠れ臼蓋形成不全はBHA後の脱臼に関係している可能性があります.

したがって大腿骨頚部骨折患者の手術前に寛骨臼を正確に評価することが重要であることが示唆されました.

 

今回は人工股関節全置換術はともかく人工骨頭置換術後にも脱臼指導は必要なのかどうかを考えるうえで参考になる論文をご紹介させていただきました.

前方開角や外方開角が正常であっても転位型大腿骨頸部骨折に対する人工骨頭置換術例では前壁・後壁欠損によって易脱臼性が生じる可能性があるということですね.

これは臨床的にも重要な結果だと思います.

タイトルとURLをコピーしました