内側広筋の脂肪浸潤とTKA後のアウトカムが関連?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

内側広筋の脂肪浸潤とTKA後のアウトカムが関連?

人工膝関節全置換術後には大腿四頭筋の筋力トレーニングを行う機会は多いと思います.

大腿四頭筋の中でもトレーニングが重要視されているのが内側広筋です.

今回は内側広筋の脂肪浸潤とTKA後のアウトカムが関連する可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Clin Med. 2022 Jun 23;11(13):3618. doi: 10.3390/jcm11133618.

Do Preoperative Vastus Medialis Volume and Quality Affect Functional Outcomes after Total Knee Arthroplasty?

Ho Jung Jung 1, Min Wook Kang 1, Jong Hwa Lee 1, Joong Il Kim 1

Affiliations expand

PMID: 35806903 DOI: 10.3390/jcm11133618

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Background: Vastus medialis function has been implicated in the development and progression of knee osteoarthritis; however, studies evaluating the influence of its preoperative volume and quality on functional outcomes following total knee arthroplasty (TKA) remain scarce. This study aimed to determine the association between vastus medialis volume, quality, and clinical outcomes after TKA.

内側広筋の機能は変形性膝関節症の発症と進行に関与しております.

しかしながら術前の内側広筋の量と質が人工膝関節置換術(TKA)後の機能予後に与える影響を評価する研究はまだ少ない状況です.

この研究では内側広筋の体積・質,およびTKA後の臨床転帰の関連を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Among the patients who underwent unilateral TKA, 92 who had undergone magnetic resonance imaging (MRI) before TKA were included. Preoperative vastus medialis volume and quality were assessed using the cross-sectional area (CSA) and fat infiltration ratio on MRI. Clinical outcomes were evaluated using the Knee Society knee score (KSKS) and Knee Society function score (KSFS) at baseline and 1 year after surgery. The relationships between preoperative CSA, fatty infiltration ratio, and clinical outcomes were analyzed using univariate and multivariate linear regression.

片側TKAを施行された症例のうち,TKA前に磁気共鳴画像装置(MRI)を撮影した92例を対象としております.

術前の内側広筋の量と質は,MRIの断面積(CSA)と脂肪浸潤率で評価しております.

臨床的転帰は,ベースラインと術後1年目に膝関節学会膝関節スコア(KSKS)と膝関節学会機能スコア(KSFS)を用いて評価しております.

術前のCSA,脂肪浸潤率,臨床転帰の関係を単変量および多変量線形回帰を用いて分析しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Only the fatty infiltration ratio was significantly associated with postoperative KSFS in the univariate linear regression analysis. In the multivariate linear regression analysis, age and fatty infiltration ratio were significantly associated with postoperative KSFS.

単変量線形回帰分析では,脂肪浸潤率のみが術後KSFSと有意に関連しておりました.

多変量線形回帰分析では,年齢と脂肪浸潤比が術後KSFSと有意に関連しておりました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: Increased vastus medialis fat infiltration is associated with worse functional outcomes after TKA. Preserving vastus medialis quality could improve functional outcomes, and surgeons should encourage patients to perform quadriceps strengthening exercises before surgery.

内側広筋の脂肪浸潤の増加は,TKA後の機能的転帰の悪化と関連することが明らかとなりました.

内側広筋の質を保つことは機能的転帰を改善する可能性があり,外科医は術前に患者に大腿四頭筋の強化運動を行うように勧めるべきであります.

 

 

今回は内側広筋の脂肪浸潤とTKA後のアウトカムが関連する可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

やはりTKA後には内側広筋に着目する必要がありそうですね.

タイトルとURLをコピーしました