理学療法士・作業療法士の転職はなぜ3年目がお勧めなのか?

就職活動
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士の転職はなぜ3年目がお勧めなのか?

理学療法士・作業療法士は資格職ですので転職を繰り返してキャリアアップを図る方も少なくありません.

理学療法士・作業療法士の転職で多いのが3年目の転職です.

でもなぜ3年目が多いのでしょうか?

今回は理学療法士・作業療法士の転職はなぜ3年目がお勧めなのかについて考えてみたいと思います.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士としての3年目

理学療法士・作業療法士として3年目になるといろいろなことが見えてきます.

1年目・2年目の頃って仕事を覚えるのが必死でとにかくがむしゃらに働いていたらあっという間に時間が過ぎてしまった地王ことが多いでしょう.

自分自身の給与が高いのか低いのかもわからず,目の前のクライアント対応に汗を流すということが多いと思います.

3年目にもなるとある程度の仕事はこなせるようになり周囲が見えるようになります.

その際に気になりはじめるのが給与です.

新人理学療法士・作業療法士のときよりスキルも経験もアップし,それなりに仕事も任され始めてくる時期ですが,業務量と給料が釣り合っていないと感じる時期でもあります.

特に理学療法士・作業療法士は昇給が少ない職場が多く,ひどいところなんかは昇給が数百円といったこともあります.

3年目にもなると2年間頑張って働いたのに1000円しか昇給していないということに気づいてしまうわけです.

また2年目になると住民税が差し引かれることになりますので,手取り額というのは昇給が少ない場合には1年目の頃より少なくなってしまいます.

周囲の友人の昇給額を聞いて現在の職場で働き続けることに疑問を持つことになるわけです.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

視野が広がり職場全体が見えてくる

最近は理学療法士・作業療法士の職域も拡大しておりますので,勤務先によって労働環境はさまざまです.

回復期リハビリテーション病棟のような理学療法士・作業療法士が100名を超える職場から,理学療法士・作業療法士が数名といった職場までさまざまです.

1年目の頃はまだまったく知識やスキルが無いので学べることも多いわけですが,3年目にもなると特に小人数の職場では先輩から襲われることも少なく物足りなくなってきます.

小人数でも良い指導者に恵まれれば良いのですが,そうでなければただただ日々の仕事を繰り返すだけになってしまい,このままで良いのだろうかといった気持ちに陥ることが多いです.

やっぱり同じ働くのであれば自分自身が成長できる職場で働きたいですよね.

職場に物足りなさを感じてくることが多いのも理学療法士・作業療法士3年目ということになります.

 

 

 

 

 

 

 

 

さまざまな分野での経験を積みたい

理学療法士・作業療法士3年目になると一定の仕事はこなせるようになります.

脳卒中はある程度の水準でリハビリテーションサービスを提供できるといった自負も芽生えます.

しかしながら職場によってはほかの分野を経験することが難しいといった場合もあり,もう少しいろんな分野で経験を積みたいといった思いが出てきます.

理学療法士・作業療法士3年目というのは好奇心も旺盛ですし若いので時間もたくさんあります.

今のうちにもっといろいろな経験をしたいと思うようになります.

実際のところ一つの職場だと同じ仕事の繰り返しになってしまうことが多く,なかなかスキルアップできないといった状況もあります.

そのため理学療法士・作業療法士3年目に転職を決意するといった方が多いのではないかと思います.

 

 

 

 

 

 

 

雇用する側にとっても3年目の理学療法士・作業療法士の需要は高い

3年目の理学療法士・作業療法士って雇用する側から考えても欲しい人材であることが多いです.

3年目ですので新人理学療法士・作業療法士よりも知識や経験もあって10年経験しているような理学療法士・作業療法士よりも柔軟性もあって,若いので将来性があると考える経営者が多いでしょう.

柔軟に対応できて即戦力として期待できるのが3年目の理学療法士・作業療法士というわけです.

10年目の理学療法士・作業療法士に比較すれば安く雇用もできますので雇用する側にとっても利益が大きいわけです.

 

 

 

 

 

 

 

転職を決めたらすぐに行動するべき

さてここまで3年目の理学療法士・作業療法士の転職がなぜ多いのかについて考えてみました.

ご覧頂いている理学療法士・作業療法士の中にもまさに今の自分だと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もし少しでも転職を考えているのであれば,早めに行動したほうが良いです.

転職活動って勇気が要りますが,時期を逃してしまうと5年目・7年目・10年目とどんどん理学療法士・作業療法士として転職するタイミングとしては難しくなってしまいます.

最も需要のある3年目の時期を逃してしまうことになります.

少しでも転職を考えているのであればまずは情報収集からでも始めてみるのが良いと思います.

ただ転職活動って独りで進めるのって簡単ではありません.

そんな場合には転職サイトの利用がお勧めです.

自分が希望する分野や給与を伝えておいて,希望に該当する求人があれば連絡をもらうといった方法が良いでしょう.

転職サイトへの登録は無料です.

転職サイトではキャリアアドバイザーと呼ばれる担当者がつき転職のサポートをしてくれます.

こちらの希望条件を伝えれば,通勤範囲から求人票を探し出し,給与交渉,見学や面接の日時のセッティングをサポートしてくださいます.

さらに希望すれば履歴書や職務経歴書の添削,面接対策までやってくれます.

特に3年目の理学療法士・作業療法士で自分のアピールポイントがないという場合にはは転職サイトを利用した方が転職は楽になります.

ここでは私がお勧めする転職サイトをいくつかご紹介させていただきます.

マイナビ

マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

マイナビコメディカルでは,医療介護系職員の「定着率」が重要視されております.

そのため職員の定着率が著しく低い医療機関や施設は,原則として紹介されません.

ブラック施設を紹介されずに済むというのは安心ですよね.

マイナビに限ったことではありませんが,昇給が5000円以上で3年目の理学療法士・作業療法士を評価してくれる求人を探しているといった要望をエントリーシートに入力することが可能ですのでそういった要望を書き込んでおくことが重要となります.

あなたに必要なさまざまな情報をくださいますし,転職に関して職務履歴書の作成や面接対策などのサポートも頂けます.

マイナビコメディカルには東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

 

 

 

 

PTOTSTワーカー



PTOTSTワーカーは業界でもトップクラスの求人数を誇っているのが特徴です.

看護師・医師などの医療関連職の転職をサポートしている医療WORKERグループですので,病院・クリニック・診療所・介護施設・リハビリ施設などの求人の形態も豊富です.

また長年各医療関連施設との人材紹介で培った信頼性から求人数がありますので,他社にはない独占求人,新設などの関係で 一般には公開されない非公開求人も多いです.

またこういった転職サイトって地方求人に対応していなかったりしますがここは地方の求人も豊富ですので地方への転職を考えられている方にもお勧めです.

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の各職種専門のアドバイザーが専任で担当してくださいますので,要望のヒアリングから入職まで トータルで転職をサポートしてくださいます.

アドバイザーは病院・クリニック・リハビリ施設などとも密接な関係なので求人票に載っていない職場関係・一緒に働く人の人柄などの現場の情報を知ることが出来ます.

昇給が5000円以上で3年目の理学療法士・作業療法士を評価してくれる求人を探しているといった要望をエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

 

 

 

PTOTキャリアナビ




特にここは東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県の求人が豊富なので,関東圏で転職をお考えの方にはお勧めです.

LINEで情報を得られるのもありがたいですね.

また別サービスであん摩マッサージ指圧師,柔道整復師の方の転職サポートもされておりますので,理学療法士・作業療法士向けのみの転職サービスと比較すると介護施設やクリニックの求人が豊富です.

昇給が5000円以上で3年目の理学療法士・作業療法士を評価してくれる求人を探しているといった要望をエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

タイトルとURLをコピーしました