理学療法士・作業療法士も知っておきたい実は逆効果なストレス解消法

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士も知っておきたい実は逆効果なストレス解消法

理学療法士・作業療法士の仕事はストレスを抱えやすい仕事だと言えると思います.

対人サービスですのでいろいろと精神的に辛いこともありますよね?

理学療法士・作業療法士がストレス社会の中で生きていくためには自分なりのストレス解消法を持っておくことが重要です.

ただストレス解消になっているようでなっていない場合もあります.

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい実は逆効果なストレス解消法について考えてみたいと思います.

Laptop, Woman, Education, Study, Young, Computer

 

 

 

 

 

 

 

 

甘いものを食べる

甘いものを食べるために生きているという理学療法士・作業療法士もいるかもしれません

しかしながらこれってストレス解消には逆効果です.

甘いものを食べると急激に血糖値が上がって一時的に幸福感を得られますが,すぐに低血糖状態に陥って疲労感や倦怠感が強くなってしまいます.

結果としてより強いストレスを感じることになるでしょう.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やけ酒

こちらも一時的に嫌なことを忘れられますが,お酒は睡眠の質を下げ疲労感が増してしまうため長期的にはストレス発散にはなりません

やはり飲酒は適量が重要だということですね.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愚痴を言う

世の中には女子会というものがありますが,女子会というのは場合によっては愚痴会だったりします.

愚痴を言うとなんとなくストレスが解消された気分人あるかもしれません.

愚痴にもさまざまなものがありますが,特に他人の悪口を口にするのは避けた方が良いです.

悪口を言うと嫌なことを鮮明に思い出してしまいますので,ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が促され高ストレス状態に陥ってしまいます.

後で何であんなこと言ったのだろうといった後ろめたい気持ちになって余計ストレスフルになることもあります.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふて寝する

十分な睡眠をとることはストレス解消に効果的ですが,寝すぎは逆効果です.

生活リズムが乱れると睡眠の質が下がってしまいます.

ストレス解消のために睡眠を取る場合には,体内時計が乱れない程度に睡眠をとることが重要です.

寝ても寝ても疲れが取れないってことありますよね?

睡眠を過度に取ると逆効果なので注意が必要です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衝動買い

看護師をはじめ医療従事者の衝動買いというのはさまざまなところで取り上げられております.

しかしながら衝動買いはドーパミンの過剰分泌とその後の後悔や罪悪感によって中毒になる可能性があります.

お金が急激に減る原因もなって結果的に長期的にストレスを抱えることにもなりかねません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

効果的なストレス解消法とは?

では効果的なストレス解消法というのはどのようなものなのでしょうか?

 

バランスのとれた食事

過不足ない睡眠

有酸素運動

前向きな

意見交換

趣味

 

こんな感じです.

これではストレスを発散できそうにないと思われるかもしれませんが,これが理想のストレス解消法です.

 

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい実は逆効果なストレス解消法について考えてみました.

理学療法士・作業療法士の皆様もさまざまなストレスを抱えて仕事をされていると思いますが,自分なりに効果的なストレス解消法を見つけることも長く仕事を続けるうえでは重要です.

皆様も良いストレス解消法を見つけられるとよいですね.

タイトルとURLをコピーしました