変形性関節症に対する理学療法士・作業療法士の概念は時代遅れ?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性関節症に対する理学療法士・作業療法士の概念は時代遅れ?

変形性関節症といえば理学療法士・作業療法士が関わることの多い疾患です.

変形性関節症といえば近年も新たな知見が次々に公表されておりますが,一方で変形性関節症は軟骨がすり減って骨と骨が衝突しあって疼痛が出現するといったようなまだまだ時代遅れな認識のままの理学療法士・作業療法士も少なくありません.

今回は変形性関節症に対する医療従事者の認識を調査した報告をご紹介させていただきます.

person sitting on white sand during daytime

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Review Osteoarthritis Cartilage. 2021 Nov 17;S1063-4584(21)00969-9. doi: 10.1016/j.joca.2021.11.008. Online ahead of print.

Clinicians’ beliefs and attitudes to physical activity and exercise therapy as treatment for knee and/or hip osteoarthritis: a scoping review

N Nissen 1, P M Holm 2, A Bricca 3, M Dideriksen 3, L H Tang 4, S T Skou 3

Affiliations expand

PMID: 34800632 DOI: 10.1016/j.joca.2021.11.008

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To explore clinicians’ attitudes and beliefs about physical activity and exercise therapy as treatment for individuals with knee and/or hip osteoarthritis (OA).

この研究では変形性股関節症例および変形性膝関節症例に対する治療法としての身体活動や運動療法に関する臨床医の考え方や信念を探ることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Method: This was a scoping review, mapping available knowledge about the topic derived from qualitative research designs and methods. A comprehensive search of selected databases (MEDLINE, EMBASE; CINAHL; Web of Science) was conducted and data were analysed thematically.

この研究では質的研究のデザインと方法から得られたこのテーマに関する利用可能な知識をマッピングし,スコーピングレビューを行っております.

MEDLINE,EMBASE,CINAHL,Web of Scienceといったデータベースを包括的に検索しデータをテーマ別に分析しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Twelve articles met inclusion criteria. Thematic analysis identified three interrelated main themes: 1) Understandings of OA and its trajectory and management; 2) Attitudes to activity and exercise as part of OA management; 3) Clinicians’ perceived knowledge of and expertise in OA management. Findings highlight that many clinicians involved in knee/hip OA management, particularly general practitioners and physiotherapists, perceive OA to be a low priority ‘wear-and-tear’ disease with expected progression of symptoms, making joint replacement surgery eventually inevitable. Further, many clinicians appear to lack knowledge about and interest in physical activity and exercise therapy in the management of knee/hip OA, and seem to show uncertainty about the effectiveness and safety of physical activity and exercise therapy on joint health.

12論文が包括的な基準を満たしておりました.

主題分析により相互に関連する3つの主要テーマが特定されました.

1)変形性関節症に対する治療および管理に関する理解

2)変形性関節症治療の一部としての活動と運動に対する態度

3)変形性関節症に関する臨床医の認識された知識と専門知識

 

その結果,変形性股関節症および変形性膝関節症の治療に携わる多くの臨床医,特に一般開業医や理学療法士は,変形性股関節症および変形性膝関節症の症状の進行が予測され,最終的には人工関節置換術が避けられない優先度の低い「消耗型」疾患であると認識していることが明らかになりました.

さらに多くの臨床医は変形性股関節症および変形性膝関節症の治療における身体活動や運動療法についての知識や関心が不足しており,身体活動や運動療法が関節の健康に及ぼす効果や安全性についても不確かであるように思われます.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Clinicians’ attitudes and beliefs about physical activity and exercise therapy in OA seem to reflect an outdated narrative which describes OA as a wear-and-tear disease with inevitable disease progression to joint replacement surgery. Clinicians need to adopt a contemporary narrative, which accurately reflects current knowledge and evidence-based practice, thereby ensuring consistent utilisation of exercise therapy as first-line care as recommended in OA guidelines.

変形性関節症における身体活動や運動療法に関する臨床医の態度や考え方は,変形性関節症を消耗性疾患とし,関節置換術に至る必然的な疾患進行とする時代遅れの物語を反映しているようであります.

臨床医は現在の知識とエビデンスに基づく実践を正確に反映した現代的な物語を採用する必要があり,それによって変形性関節症ガイドラインで推奨されている第一選択治療としての運動療法を一貫して利用することができると考えられます.

 

今回は変形性関節症に対する医療従事者の認識を調査した報告をご紹介させていただきました.

まだまだ変形性関節症のことを軟骨がすり減る消耗性疾患と考えている医療従事者が多いという結果ですね.

変形性関節症の臨床を大きく変えるには関節軟骨がすり減る消耗性疾患としての認識をドラスティックに変える必要があるでしょうね.

タイトルとURLをコピーしました