日本理学療法士協会・リハビリテーション専門職団体協議会が理学療法士等の公的価格に関する要望書を提出

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本理学療法士協会・リハビリテーション専門職団体協議会が理学療法士等の公的価格に関する要望書を提出

先日,日本理学療法士協会とリハビリテーション専門職団体協議会が国に向けて,理学療法士・作業療法士等の公的価格に関する意見書を提出いたしました.

この意見書の中には理学療法士・作業療法士の所定内給与額が15年以上変化が無く,他職種と比較しても格差が生じていることをうけ処遇改善について要望がなされました.

今回は日本理学療法士協会・リハビリテーション専門職団体協議会が理学療法士等の公的価格に関する要望書を提出した件について考えてみたいと思います.

Bundestag, Government, Politics, Parliament, Berlin

 

 

 

 

 

 

ニュースによると

政府は第3回公的価格評価検討委員会を21日に開催

日本理学療法士協会とリハビリテーション専門職団体協議会からの要望書を「公的価格に関する意見書」として資料に取り上げた

リハビリテーション専門職団体協議会は,公的価格評価検討委員会に対して,医療介護間の処遇格差の改善,基金の活用例の充実の2項目について下記の通り要望した

1 .医療介護間の処遇格差の改善

理学療法士等の所定内給与額は15年以上変化がなく多職種と比較して伸び率において大きな差が生じています

また医療保険下で働くものと介護保険下で働くものとで大きな処遇格差が生じています

貴委員会での議論においては,処遇が長年変化しない職種への対応とともに,医療介護間の処遇格差の改善について検討することを要望します

2.基金の活用例の充実

地域における理学療法士等の確保や処遇改善に活用できる地域医療介護総合確保基金の拡充を要望します

また具体的な基金の活用例を増やし各自治体が基金を活用しやすい環境の整備を要望します。

 

 

 

 

 

 

さらに日本理学療法士協会は国家公務員医療職俸給表(二)の見直しについて要望

1.国家公務員医療職俸給表(二)の見直し

理学療法士に関して5級までの記載しかない国家公務員医療職俸給表(二)を見直し,6級に「医療機関の特に困難な業務を行う理学療法士長」,7級に「規模の大きいリハビリテーション部門の長の職務」,8級に「特に規模が大きいリハビリテーション部門の長の職務」を追加することを要望します

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士の市場価値

やっぱり理学療法士・作業療法士の市場価値や公的価格を高めるというのは職能として非常に重要ですよね.

個人が頑張ればよいなんて考えもありますが,理学療法士・作業療法士の質を考えるのであればやはり現状のような安月給では難しいですよね.

まずは適切な公的価格を設定し,市場価値を高めることが優秀な人材が理学療法士・作業療法士を志すことにつながりますし,結果的に理学療法士・作業療法士の質を高めることにつながると思います.

偏差値30台じゃ質とかなんとか議論できるレベルじゃないと思うんですよね.

 

 

 

 

 

 

自分の適正年収を知ろう

また公的価格を高めるのも重要ですが自分自身の市場価値を知っておくことも非常に重要です.

たとえ公的価格が上がっても,市場価値よりかなり低い給与で長年働いてしまっているなんて場合もあるからです.

自分自身の理学療法士・作業療法士としての市場価値を知るためには,PTOTSTワーカーが提供する理学療法士・作業療法士の年収査定サービスの利用がお勧めです.

理学療法士・作業療法士の資格取得日数やこれまでの経験から適正年収が算出されます.

このサービスを利用することで自分の希望する条件での年収の相場がわかりますので,参考にすることができます.

どうせ同じ仕事をするのであればしっかりとした年収を頂ける職場で仕事をしたいですよね.

PTOTSTワーカーが提供する理学療法士・作業療法士の年収査定サービスでは,最新の年収データに基づいて診断が行われます.

このサービスは理学療法士・作業療法士の転職支援を長年行ってきたPTOTSTワーカーだからできる最新の年収データに基づいての診断となっております.

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士さんの年収はどのように決まるのか?

理学療法士の年収の相場ですが,一般的には勤務エリア・経験年数・施設形態(病院・施設・訪問リハビリ)によって決まります.

当然ながら地方よりも都会の方が年収は高いので,勤務エリアも重要となります.

また理学療法士の場合には,年収を決定する際に理学療法士としての経験年数が考慮される場合がほとんどです.

そのため経験年数によっても年収の相場は大きく異なります.

またキャリアや勤務エリアが同一であっても,病院・施設側の状況によって理学療法士の年収は変わることがあります.

よく知られているのは医療機関では一般的に年収が低く,訪問リハビリテーション事業所では年収が高い傾向にあります.

この理学療法士の年収査定サービスでは,勤務エリア・経験年数・施設形態によってあなたにとって適正な年収が算出されますので,自分の市場価値を知るには有効でしょうね.

もちろん利用も無料です.

 

 

 

 

 

希望に応じて年収アップのためのアドバイスも得られる

このサービスでは,希望に応じて年収をアップするためのコツやアドバイスを得ることもできます.

理学療法士としての自分自身の経験で,一般的にはどのくらいの年収が妥当なのかを知ることは自分自身の市場価値を知ることにもつながりますし,何より自分の可能性を知ることにもつながります.

希望に応じて適正な年収に合った理学療法士の求人を紹介してもらうこともできます.

 

 

 

 

 

 

 

PTOTSTワーカーって?



PTOTSTワーカーは業界でもトップクラスの求人数を誇っているのが特徴です.

看護師・医師などの医療関連職の転職をサポートしている医療WORKERグループですので,病院・クリニック・診療所・介護施設・リハビリ施設などの求人の形態も豊富です.

また長年各医療関連施設との人材紹介で培った信頼性から求人数がありますので,他社にはない独占求人,新設などの関係で 一般には公開されない非公開求人も多いです.

またこういった転職サイトって地方求人に対応していなかったりしますがここは地方の求人も豊富ですので地方への転職を考えられている方にもお勧めです.

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の各職種専門のアドバイザーが専任で担当してくださいますので,要望のヒアリングから入職まで トータルで転職をサポートしてくださいます.

アドバイザーは病院・クリニック・リハビリ施設などとも密接な関係なので求人票に載っていない職場関係・一緒に働く人の人柄などの現場の情報を知ることが出来ます.

 

 

 

 

年収査定サービスを利用するには?

年収査定サービスを利用するには以下のリンクからまずPTOTSTワーカーへの登録が必要です.

登録時にまずは理学療法士の年収査定サービスを利用して自分の市場価値を知りたい,市場価値を知ったうえで年収をアップさせるためのコツを知りたいといった要望を備考に入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,年収査定サービスを受けることができます.


 

今回は日本理学療法士協会・リハビリテーション専門職団体協議会が理学療法士等の公的価格に関する要望書を提出した件について考えてみました.

今後,公的価格評価検討委員会において課題の検討が行われ,来年の夏頃までに方向性の整理がされる予定のようです.

理学療法士・作業療法士の公的価格が見直されることを期待したいですね.

タイトルとURLをコピーしました