どのくらいの大腿骨近位部骨折例が対側の大腿骨近位部骨折を受傷するのか?

大腿骨近位部骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どのくらいの大腿骨近位部骨折例が対側の大腿骨近位部骨折を受傷するのか?

理学療法士・作業療法士であれば大腿骨近位部骨折例が退院後に反対側の大腿骨近位部骨折を受傷して再度入院になるといったケースに遭遇する機会は少なくないと思います.

しかしながらどのくらいの大腿骨近位部骨折例が対側の大腿骨近位部骨折を受傷するのでしょうか?

今回はどのくらいの大腿骨近位部骨折例が対側の大腿骨近位部骨折を受傷するのかを検討した研究論文をご紹介させていただきます.

Wafers, Fracture, Dough Boards, Fragments, Waffle

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Osteoporos Int. 2021 Aug 11;1-10. doi: 10.1007/s00198-021-06080-5. Online ahead of print.

Hip fracture predicts subsequent hip fracture: a retrospective observational study to support a call to early hip fracture prevention efforts in post-fracture patients

Emil Schemitsch 1, Jonathan D Adachi 2, Jacques P Brown 3, Jean-Eric Tarride 4, Natasha Burke 5, Thiago Oliveira 5, Lubomira Slatkovska 6

Affiliations expand

PMID: 34379148 PMCID: PMC8354846 DOI: 10.1007/s00198-021-06080-5

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

In this real-world retrospective cohort, subsequent hip fracture occurred in one in four patients with any initial fracture, most often after hip fracture, on average within 1.5 years. These data support the need for early post-fracture interventions to help reduce imminent hip fracture risk and high societal and humanistic costs.

初回大腿骨近位部骨折例の4例に1例の割合で大腿骨近位部骨折の後遺症が発生しており,その多くは大腿骨近位部の後遺症であり,平均して1.5年以内に発生しておりました.

これらのデータは,大腿骨近位部骨折のリスクと高い社会的・人文的コストの削減に役立つと思われます.

また骨折後の早期介入の必要性を支持するものでもあります.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: This large retrospective cohort study aimed to provide hip fracture data, in the context of other fractures, to help inform efforts related to hip fracture prevention focusing on post-fracture patients.

この大規模な後方視的コホート研究では,他の骨折との関連で大腿骨近位部骨折のデータを提供し,骨折後の患者に焦点を当てた大腿骨近位部骨折の予防に関する取り組みに役立てることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: A cohort of 115,776 patients (72.3% female) aged > 65 (median age 81) with an index fracture occurring at skeletal sites related to age-related bone loss between January 1, 2011, and March 31, 2015, was identified using health services data from Ontario, Canada, and followed until March 31, 2017.

対象は2011年1月1日から2015年3月31日の間に加齢による骨量減少に関連する骨格部位で骨折を起こした65歳以上(年齢中央値81歳)の症例115,776例(女性72.3%)のコホートを,カナダ・オンタリオ州の医療サービスデータを用いて特定し,2017年3月31日まで追跡しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Hip fracture was the most common second fracture (27.8%), occurring in ≥ 19% of cases after each index fracture site and most frequently (33.0%) after hip index fracture. Median time to a second fracture of the hip was ~ 1.5 years post-index event. Patients with index hip fracture contributed the most to fracture-related initial surgeries (64.1%) and post-surgery complications (71.9%) and had the second-highest total mean healthcare cost per patient in the first year after index fracture ($62,793 ± 44,438). One-year mortality (any cause) after index hip fracture was 26.2% vs. 15.9% in the entire cohort, and 25.9% after second hip fracture.

大腿骨近位部骨折は最も多い2回目の骨折(27.8%)であり,大腿骨近位部骨折以外の骨折の後に19%以上の症例で発生し,大腿骨骨折の後に33.0%と最も多く発生しておりました.

2回目の大腿骨近位部骨折股関節が発生するまでの期間の中央値は,初回の骨折が発生してから約1.5年でありました.

大腿骨近位部骨折例は,骨折に関連した初期手術(64.1%)と術後の合併症(71.9%)に関連し,初回の骨折後1年間の症例1人当たりの平均医療費総額は62,793ドル±44,438ドルと2番目に高い結果でありました.

また初回の大腿骨近位部後の1年間の死亡率(原因を問わない)は,全コホートの15.9%に対して26.2%,2回目の股関節骨折後は25.9%でありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: A second fracture at the hip was observed in one in four patients after any index fracture and in one in three patients with an index hip fracture, on average within 1.5 years. Index hip fracture was associated with high mortality and post-surgery complication rates and healthcare costs relative to other fractures. These data support focusing on early hip fracture prevention efforts in post-fracture patients.

初回の何らかの骨折後の4例に1例,初回の大腿骨近位部骨折後の3例に1例が,平均して1.5年以内に2度目の大腿骨近位部骨折を起こしておりました.

大腿骨近位部骨折は他の骨折に比べて高い死亡率,術後の合併症率,医療費と関連しておりました.

これらのデータは骨折後の症例に早期の大腿骨近位部骨折予防の取り組みを重視することを支持するものです.

 

今回はどのくらいの大腿骨近位部骨折例が対側の大腿骨近位部骨折を受傷するのかを検討した研究論文をご紹介させていただきました.

3例に1例というのは驚きですね.

こう考えると機能回復のためのリハビリテーションはもちろんですが,再骨折予防に向けた対策が必要であることは言うまでもありませんね.

タイトルとURLをコピーしました