股関節疾患の理学療法に関連するお勧め書籍5選

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

股関節疾患の理学療法に関連するお勧め書籍5選

年度も変わりますが,しっかりと勉強しようと考えておられる理学療法士・作業療法士の方も多いと思います.

多関節運動連鎖の考え方から言えば,運動器疾患を関節毎に捉えることそのものに無理があるわけですが,初学者の方はまずは関節毎に疾患の特徴をおさえた上で理学療法アプローチを学ぶことが重要です.

今回は股関節疾患に関連した書籍をご紹介させていただきます.

 

 

股関節理学療法マネジメント

ご存知メジカルビュー社から出版されている理学療法マネジメントシリーズです.

執筆されている先生も永井先生,対馬先生をはじめ非常に豪華なメンバーとなっております.

この書籍は疾患ごとに股関節疾患を捉えるのではなく病態・障害毎に評価とアプローチが分けて記載されておりますので,非常に読みやすいです.

また股関節から膝関節・足関節といった他関節へ及ぶ影響や他関節が股関節に及ぼす影響も考慮されておりますので,多関節運動連鎖を考慮した理学療法を展開する上でも参考にできる内容が多いです.

少し初学者には難しい内容も含まれておりますが,この1冊をしっかりと理解することができればかなり深い知識が身につくはずです.

構成はこんな感じです.

Ⅰ章 股関節理学療法の概要
1 股関節障害に対する理学療法の考え方  対馬栄輝
2 股関節の機能解剖とバイオメカニクス  山﨑 敦Ⅱ章 リスク管理と病期別マネジメント
1 病態を知る  前田昭彦
2 手術特性を知る  前田昭彦
3 病期別マネジメント  永井 聡Ⅲ章 機能障害別マネジメント
A 局所を中心とした評価と理学療法 −障害の主要因をどのように評価し,どのような理学療法を行うか−
1 股関節の疼痛  相澤純也
2 股関節の可動性障害  南角 学
3 股関節の不安定性  立石聡史
4 股関節の筋機能不全  室伏祐介・加藤 浩
5 高齢者における股関節疾患の評価  常盤直孝B 他部位からの影響の評価と理学療法 −影響発生源をどのように特定するか−
1 足部・足関節機能からの影響の評価と理学療法  岩永竜也
2 膝関節機能からの影響の評価と理学療法  家入 章
3 腰部・骨盤帯機能からの影響の評価と理学療法  湯田健二
4 胸郭からの影響の評価と理学療法  石田水里Ⅳ章 機能障害別ケーススタディ
A 局所を中心とした評価と理学療法
1 股関節の疼痛  森田融枝
2 股関節の可動性障害  平尾利行
3 股関節の不安定性  奥村晃司
4 股関節の筋機能不全  木下一雄B 他部位からの影響の評価と理学療法
2 膝関節機能からの影響の評価と理学療法  宮城島一史
3 腰部・骨盤帯機能からの影響の評価と理学療法  金 誠煕
4 胸郭からの影響の評価と理学療法  上原 徹Ⅴ章 患者教育(セルフマネジメント)
1 早期退院のニーズにあったプログラム指導  二宮一成
2 多角的要因を踏まえて行動変容を促すポイントと実際  原 弘明
3 高齢による退院後の生活(転倒予防など)  楫野允也

 

 

 

股関節拘縮の評価と運動療法

ご存知,整形外科リハビリテーション学会の熊谷先生が執筆された1冊です.

もちろん監修は林典雄先生です.

臨床で遭遇する股関節の拘縮に関して評価・運動療法に関して解剖学・運動学をベースとした視点からとらえた1冊です.

理学療法士・作業療法士のベースとなるのはやはり解剖学・運動学ですから,読んでいてもなるほどなと腑に落ちる内容が多く,頷ける内容が多いのもこの書籍の特徴です.

第1章 骨盤・股関節の機能解剖
第2章 股関節のバイオメカニクス
第3章 股関節周辺組織の拘縮に由来する疼痛の評価
第4章 股関節拘縮の評価と治療
第5章 異常歩行(跛行)の評価と治療
第6章 股関節疾患に対する評価と運動療法
書籍の構成はこんな感じです.

極める変形性股関節症の理学療法

実際に読んでみるとなぜ売れているのかがよくわかります.
変形性股関節症の理学療法に特化した1冊としては現在のところこの書籍がNo1でしょうね.
前期・初期・進行期・末期といった病期毎に理学療法アプローチが述べられているのもこの書籍の読みやすいところです.
構成はこんな感じです.

PartI 変形性股関節症の機能解剖と病態

1 股関節の機能解剖

2 変形性股関節症の病態特性と治療方針

PartII 前・初期股関節症の理学療法

1 理学療法評価と治療ガイド─股関節・腰部からのアプローチ─

2 理学療法評価と治療ガイド─足部・膝からのアプローチ─

3 理学療法評価と治療ガイド─肩甲帯・上部体幹からのアプローチ─PartIII 進行期股関節症の理学療法
1 理学療法評価と治療ガイド─股関節・腰部からのアプローチ─
2 理学療法評価と治療ガイド─足部・膝からのアプローチ─
3 理学療法評価と治療ガイド─肩甲帯・上部体幹からのアプローチ─PartIV 末期股関節症の理学療法
1 理学療法評価と治療ガイド─股関節・腰部からのアプローチ─
2 理学療法評価と治療ガイド─足部・膝からのアプローチ─
3 理学療法評価と治療ガイド─肩甲帯・上部体幹からのアプローチ─Part Ⅴ THA 後の理学療法
1 理学療法評価と治療ガイド─股関節・腰部からのアプローチ─
2 理学療法評価と治療ガイド─足部・膝からのアプローチ─
3 理学療法評価と治療ガイド─肩甲帯・上部体幹からのアプローチ─

極める大腿骨骨折の理学療法

引き続き文光堂の極めるシリーズからです.
大腿骨骨折に焦点を当てた1冊です.
高齢者に多い大腿骨近位部骨折のみならず,高エネルギー外傷である大腿骨骨幹部骨折や大腿骨顆上骨折についても取り上げられております.
この書籍の大きな特徴は骨折型と術式ごとに理学療法評価とアプローチが記載されている点です.
加えて整形外科医師が理学療法士向けに術式に関して丁寧に記載してありますので,大腿骨骨折後の理学療法を極めたい方には必携の1冊です.
構成はこんな感じです.
PartI 骨折・術後理学療法の基礎知識
1 骨折時に大腿骨へ作用する力とは?
2 骨折の治癒過程を知る
3 大腿骨骨折の病態特性を理解する
4 大腿骨骨折術後の理学療法の流れを確認するPartII 術式別にみた大腿骨頸部骨折に対する理学療法
1 大腿骨頸部骨折─ハンソンピン(Hansson pin)の場合①─
2 大腿骨頸部骨折─ハンソンピン(Hansson pin)の場合②─
3 大腿骨頸部骨折─ cannulated cancellous hip screw(CCHS)の場合①─
4 大腿骨頸部骨折─ cannulated cancellous hip screw(CCHS)の場合②─
5 大腿骨頸部骨折─人工骨頭置換術(前外側アプローチ)の場合①─
6 大腿骨頸部骨折─人工骨頭置換術(前外側アプローチ)の場合②─
7 大腿骨頸部骨折─人工骨頭置換術(外側アプローチ)の場合①─
8 大腿骨頸部骨折─人工骨頭置換術(外側アプローチ)の場合②─
9 大腿骨頸部骨折─人工骨頭置換術(後方アプローチ)の場合①─
10 大腿骨頸部骨折─人工骨頭置換術(後方アプローチ)の場合②─PartIII 術式別にみた大腿骨転子部・転子下骨折に対する理学療法
1 大腿骨転子部・転子下骨折
2 大腿骨転子部・転子下骨折
3 大腿骨転子部・転子下骨折
4 大腿骨転子部・転子下骨折PartIV 術式別にみた大腿骨骨幹部・顆部骨折に対する理学療法
1 大腿骨中央・近位部の骨折─順行性髄内釘(interlocking nail)の場合①─
2 大腿骨中央・近位部の骨折─順行性髄内釘(interlocking nail)の場合②─
3 大腿骨遠位部の骨折(顆上骨折)
4 大腿骨遠位部の骨折(顆上骨折)
5 大腿骨顆部骨折─ locking plate固定の場合①─
6 大腿骨顆部骨折─ locking plate固定の場合②─

TOTAL HIP CARE

人工股関節全置換術に特化した1冊です.
整形外科医・理学療法士・看護師といった多職種の視点で記載された1冊です.
人工股関節全置換術を年間数百件行っている増原クリニックならではの診療ノウハウが満載の1冊です.
症例提示が多いのもありがたいですね.
構成はこんな感じです.
第Ⅰ章 病態解剖学・・・奥埜尭人・岡村憲一・伊本悠矢・中川法一
1 関節内構造
2 形態・構造上の特徴
3 筋
4 靱帯
5 血管
6 神経
7 姿勢アライメント
8 変形性股関節症の歩行の特徴第Ⅱ章 股関節の運動学・・・奥埜尭人・岡村憲一・伊本悠矢・中川法一
1 股関節の関節包内運動第Ⅲ章 股関節障害を有する疾患・・・奥埜尭人・岡村憲一・伊本悠矢・中川法一
1 先天性股関節脱臼
2 臼蓋形成不全
3 大腿骨頭すべり症
4 Perthes病(ペルテス病)
5 単純性股関節炎
6 特発性大腿骨頭壊死症第Ⅳ章 変形性股関節症について・・・山崎 聡
1 疫学
2 病態
3 診断
4 分類第Ⅴ章 変形性股関節症に対する保存療法・・・生友尚志・奥埜尭人
1 変形性股関節症の原因
2 変形性股関節症の保存療法
3 病期別理学療法
4 クリニカルクエスチョン第Ⅵ章 変形性股関節症に対する手術療法・・・増原建作
1 股関節温存手術
2 人工股関節置換手術第Ⅶ章 人工股関節全置換術前後の看護・・・池田美千子
1 手術前看護
2 入院後のケア
3 手術後看護
4 臥床時のケア
5 仰臥位から端座位でのケア
6 座位でのケア
7 立ち上がり動作のケア
8 離床時のケア
9 シャワー浴でのケア
10 退院まで
11 脱臼が疑われる場合
12 退院時指導
13 患者からよくある質問

第Ⅷ章 人工股関節全置換術前後の看護-在宅の環境調整におけるアセスメントの視点・・・佐藤政枝・池田美千子
1 住環境からのケアの視点
2 入院(手術)が決まったら
3 入院前のアセスメント
4 住宅改修と道具の準備
5 入院中の個別支援
6 退院後の個別支援
7 チームで実践する新たな継続ケアシステムの構築に向けて

第Ⅸ章 人工股関節全置換術前後のリハビリテーション・・・田篭慶一・三浦なみ香・生友尚志・中川法一
1 THA術後患者に対するリハビリテーションの意義
2 THA術前後における問題の捉え方
3 術前リハビリテーション
4 THA術後のリハビリテーション-問題別アプローチ
5 患者タイプ別のリハビリテーション-術後タイムコースに即して
6 症例呈示
7 クリニカルクエスチョン(THA)

第Ⅹ章 人工股関節全置換術後の在宅リハビリテーション・・・真田将幸・中川法一
1 はじめに
2 臨床と在宅リハビリテーションの相違点
3 在宅リハビリテーションでのアプローチ

今回は理学療法士・作業療法士向けに股関節疾患に関連した書籍をご紹介させていただきました.
皆様も書籍を購入して知識を深めましょう.

コメント

タイトルとURLをコピーしました