石の上にも3年って本当?3年以内の理学療法士・作業療法士の転職はタブー?

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

石の上にも3年って本当?3年以内のPT・OTの転職はタブー?

「転職したい!」と思った時に,「転職には3年以上のキャリアは必要なのか」「3年間は同じ仕事を続けなさいと聞くから3年は頑張ろうかな…」と悶々としている方も多いのではないでしょうか?

確かに日本では昔から石の上にも3年という言葉で3年は頑張らないとみたいな考えがあります.

今回はこの石の上にも3年って本当かどうか考えてみたいと思います.

 

 

 

なぜ石の上にも3年なのか?

石の上にも3年ということわざは,ご存じ「冷たい石の上でも3年も座りつづけていれば暖まってくる」という意味です.

理学療法士・作業療法士として働くとしても,新人の頃は覚えることも多く仕事に追われ,楽しくないと感じることも多いでしょう.

しかし2年・3年と続けていくうちに仕事に慣れ,自分の業務以外にも理解できることが増え,自分の仕事の存在意義や仕事にやり甲斐を感じることも多くなってくると思います.

また特に平均年齢の若いわれわれ理学療法士・作業療法士の業界では,3年も勤務すれば後輩ができて仕事を教えることにより,責任感も生まれ,モチベーションを感じるようになったということもあるでしょう.

だからこそ,3年間勤めるということは,理学療法士・作業療法士として仕事全体のことを覚えるだけではなく,自分自身の仕事のスタイルや在り方を整えるのに必要な期間とも言えます.

 

 

 

3年経ってないのに転職したい場合には?

もし3年経っていな状況で,転職したいと考えている方は,本当に今転職するタイミングなのか,現在の仕事内容を通じて振り返ってみるのがいいでしょう.

その中で転職理由がはっきりしている場合には,3年以内であっても転職した方が良いといえるでしょう.

転職を考える場合には,転職によってキャリアアップをしたいのか,キャリアチェンジをしたいのかによっても,その選択は異なります.

もし理学療法士・作業療法士として,キャリアアップを狙っているのであれば,勢いで転職するのは考え直した方がいいかもしれません.

理学療法士・作業療法士の業界は若い人材が多いといっても,実際のところ3年間働いてすぐの転職はそうそううまくいかないことも多くあります.

3年では雇用する側からも即戦力として認められず,新人と同様の扱いを受けたり,病院・施設によってはあまりプラスに評価されない場合も考えられます.

したがってもう少し我慢して,誰もが認める実績をつくって30代前半で,大きなチャレンジができるところに転職することをお勧めします.

とはいっても今の職場では誰もが認める実績を作ることができない場合や,環境で成長が期待できないということであれば転職を考えても良いでしょう.

 

一方でキャリアチャレンジしたいという場合には,タイミングは逃さないように転職活動に向けて準備することをオススメします.

例えば,急性期で働いていたんだけど,もう少し長期的にクライアントに関わりたいので,回復期や生活期の職場に転職するなど,キャリアをチェンジする目的が明確であれば,新たな分野にチャレンジするのが許されるのも20代中盤までと考えれば,早期の転職を考えた方が良いでしょう.

昨今,理学療法士・作業療法士の職域も拡大してきており,職場によってクライアントとの関わり方や働き方も変化してきております.

 

3年以内の転職となると通常の転職とは異なり,雇用する側が若手理学療法士・作業療法士の採用を希望しているということが重要となります.

こういった情報ってホームページや求人情報だけからは判断しにくいわけですが,転職サイトに登録すればそのあたりの情報をキャリアアドバイザーの方が教えてくださいます.

特に3年以内の転職はうまくいかない場合が多いので,転職サイトのサポートを受けながら転職活動を行うことが勧められます.

 

ここでは私が過去に利用したことがある転職サイトをご紹介させていただきます.

 

マイナビ



マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

特にマイナビは離職率が低い就職先を多く扱っているという特徴があり,職場の雰囲気や働きやすさを重要視して転職をしたい人にはお勧めです.

東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

これ以外の対象地域外の方は,PTOT人材バンクが全国展開しているのでオススメです.

 

 

PTOT人材バンク



ここは非常に求人数も多く,希望する転職先の情報を細かく登録できるのでお勧めです.

私自身も転職時にはこういった人材バンクに登録をしておりましたが,エージェントの方が自分に合った新しい職場に関する情報を提供してくださいます.

また施設見学や面談の日取りのスケジュール調整までしてくださるのでとても便利です.

 

若手の求人を希望する職場を探したいと事前に伝えておけば,自分に合った求人情報を紹介してくださいます.

特にPTOT人材バンクは管理者募集等の高年収の求人を多く扱っておりますので,転職をきっかけにスキルアップしたい方にはお勧めです.

 

PTOTSTワーカー



PTOTSTワーカーは業界でもトップクラスの求人数を誇っているのが特徴です.

看護師・医師などの医療関連職の転職をサポートしている医療WORKERグループですので,病院・クリニック・診療所・介護施設・リハビリ施設などの求人の形態も豊富です.

また長年各医療関連施設との人材紹介で培った信頼性から求人数がありますので,他社にはない独占求人,新設などの関係で 一般には公開されない非公開求人も多いです.

またこういった転職サイトって地方求人に対応していなかったりしますがここは地方の求人も豊富ですので地方への転職を考えられている方にもお勧めです.

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の各職種専門のアドバイザーが専任で担当してくださいますので,要望のヒアリングから入職まで トータルで転職をサポートしてくださいます.

アドバイザーは病院・クリニック・リハビリ施設・介護保険関連事業所などとも密接な関係なので求人票に載っていない職場関係・一緒に働く人の人柄などの現場の情報を知ることが出来ます.

管理者募集等の高年収の求人を探しているといったポイントをエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

今回は石の上にも3年っていうことわざが本当かどうか,3年以内の転職はタブーかどうかについて考えてみました.

入職後早期の転職というのは非常に悩むと思いますが,ポイントは目的です.

キャリアアップかキャリアチェンジかといった視点で転職活動を開始するかどうかをよく考えた方が良いでしょうね.

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました