コロナ禍において理学療法士・作業療法士が転職失敗しないために気をつけることは?

就職活動
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コロナ禍において理学療法士・作業療法士が転職失敗しないために気をつけることは?

新型コロナウイルスもまだまだ完全な収束には時間がかかりそうな状況です.

特に医療業界は新型コロナウイルス感染拡大の大打撃を受けて居り,コロナ禍で景気が良い医療機関や介護施設というのは皆無に近い状況です.

新型コロナウイルスによる病院の経営悪化によって待遇が悪くなったことをきっかけに,転職を決意する理学療法士・作業療法士も少なくないのではないでしょうか?

そのため今年は転職先は少ないにもかかわらず,例年以上に転職を希望する理学療法士・作業療法士が増えている状況です.

コロナ禍の状況で転職を急ぐと失敗する確率は高くなってしまうわけですね.

そこで今回はコロナ禍において理学療法士・作業療法士が転職を成功させるためにはどうすればよいかについて考えてみたいと思います.

Coronavirus on black background

 

 

 

 

 

 

 

コロナ禍で理学療法士の採用人数は減少傾向

理学療法士・作業療法士の勤務する医療機関や介護施設などの2021年度の採用枠というのは確実に少なくなります.

これは養成校に来る求人の数を見ても明らかです.

新型コロナウイルスの収束の目処が立たない今,理学療法士・作業療法士を含めたリハビリスタッフの積極採用は控える医療機関・施設がほとんどでしょう.

仮に採用をするとしても退職者の人数を補充する程度でしょうね.

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ禍での理学療法士・作業療法士の転職状況

正直なところ,コロナ禍での理学療法士・作業療法士の転職が厳しい状況にあるのは間違いありません.

しかしながらコロナ禍で賞与が支払われない,給与がカットされるなど現在勤めている病院の対応によっては転職を希望する理学療法士・作業療法士が例年よりも増えることも予測されます.

つまり採用枠は少ないにも関わらず,転職を希望する理学療法士・作業療法士が多いといった状況が予測されます.

そこで間違いなく起こるのが,優良な求人の争奪戦です.

来年度からの転職を考えている理学療法士・作業療法士はこの争奪戦に勝ち抜く必要があるわけです.

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士のコロナ禍での転職注意点①

まず注意したいのは大量募集している医療機関はブラックな可能性があります.

コロナ禍で賞与や給与が十分に支払えず,退職者が増えたために大量に募集している可能性があります.

新型コロナウイルスの影響で,医療機関としては今年度の採用人数を減らす傾向にありますが,そういった状況下で多数の人員を募集している医療機関等があれば,その医療機関はブラックな可能性が非常に高いです.

新型コロナウイルスの影響で,病院の対応や待遇などに不満をもった職員が大勢退職した可能性が高いでしょうね.

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士のコロナ禍での転職注意点②

もう1点コロナ禍において重要なのは,現在の職場に退職を伝えるタイミングです.

結論から申し上げますと転職が決まってから退職することを伝えることが重要です.

コロナ禍において転職を希望している段階で,職場に退職することを伝えるのは非常にリスクが高いでしょうね.

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ禍で理学療法士・作業療法士は転職は難しいのか?

新型コロナウイルスの影響で,ただでさえ求人が少ないのに,その求人にも転職希望者が殺到すれば,転職が難しくなるのは間違いありません.

ただ転職活動の方法によっては,失敗することなく転職が可能です.

まず今年度は特に新卒よりも既卒採用が優遇されます.

臨床実習が行えていない状況ですので,まったく臨床経験のない新卒者よりも既卒者を即戦力として雇用したいといった医療機関も多いでしょう.

卒後教育も大変ですからね.

特に既卒者の理学療法士・作業療法士がコロナ禍でも転職に失敗しないためには転職エージェントの利用が勧められます.

このコロナ禍で転職を考えているのに転職エージェントに登録していないちおうのは,他の理学療法士・作業療法士より一歩遅れを取っていると考えた方が良いでしょう.

コロナ禍の求人が少ない状況だからこそ,優良求人をタイムリーにつかむことが重要となりますが,タイムリーに求人情報を得るのって仕事をしながらだと不可能に近いです.

転職エージェントを活用すれば,あなたの希望に応じた求人情報が出たタイミングでタイムリーに情報を得ることができます.

登録は無料ですので登録しない手はありません.

ここでは私が過去に利用したことのある転職エージェントをいくつかご紹介させていただきます.

PTOTキャリアナビ




特にここは東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県の求人が豊富なので,関東圏で転職をお考えの方にはお勧めです.

ここはLINEで相談が可能なのも嬉しいですね.

また別サービスであん摩マッサージ指圧師,柔道整復師の方の転職サポートもされておりますので,理学療法士・作業療法士向けのみの転職サービスと比較すると介護施設やクリニックの求人が豊富です.

あなたが転職先に求めるポイントをエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

 

 

マイナビ

マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

マイナビに限ったことではありませんが,あなたが転職先に求めるポイントをエントリーシートに入力することが可能ですのでそういった要望を書き込んでおくことが重要となります.

あなたに必要なさまざまな情報をくださいますし,転職に関して職務履歴書の作成や面接対策などのサポートも頂けます.

マイナビコメディカルには東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

 

PTOT人材バンク

ここも非常に求人数も多く,希望する転職先の情報を細かく登録できるのでお勧めです.

私自身も転職時にはこういった人材バンクに登録をしておりましたが,エージェントの方が自分に合った新しい職場に関する情報を提供してくださいます.

あなたが転職先に求めるポイントを伝えておけば,あなたに必要なさまざまな情報をくださいますし,転職に関して職務履歴書の作成や面接対策などのサポートも頂けます.

コメント

タイトルとURLをコピーしました