理学療法士・作業療法士が転職に失敗する5つの理由

投稿者: | 2019年1月20日

 理学療法士・作業療法士が転職に失敗する5つの理由 

理学療法士・作業療法士が転職を考える際にまず考えるのは,転職に失敗したくないといった思いです.

転職は人生にも関わってくるので,出来れば転職では失敗したくないと思うのが普通だと思います.

転職が失敗してしまう場合にはいくつか理由があります.

今回は理学療法士・作業療法士が転職に失敗する5つの理由について考えてみたいと思います.

 

 

 

 理学療法士・作業療法士が転職に失敗する5つの理由 

理学療法士・作業療法士が転職に失敗する理由として,①希望条件の整理が出来ていない,②転職市場の相場を分かっていない,③下調べが出来ていない,④転職するタイミングが分かっていない,⑤1人で転職活動をしている,といった理由が挙げられます.

今回はこれらの失敗する理由について1つ1つ考えてみたいと思います.

 

 

 

 

 ①希望条件の整理が出来ていない 

転職を考える場合には,給料を上げたいとか,人間関係を解消したいとか,残業をしたくないとか,年休を取得したいとかさまざまな理由があると思います.

ただ転職によってこれら全ての希望条件がかなう職場というのは現実的にはありませんので,希望条件に関して優先順位をつけて考える必要があります

また転職を考える場合には,マイナス面の理由だけを考えるのではなく,「○○したいから転職する」といった前向きな理由に置き換えることが重要です.

こうすると自分がなぜ転職したいのかといった明確な理由が見つかることが多いです.

例えば「残業が多く,年休を取得できないから転職したい」ではなく,「家族との時間を大切にしたいから定時に帰れる職場に転職したい」とか,「給料が安いから転職したい」ではなく,「自己研鑽のためにもう少し積極的に研修会に参加したいので給与の高い職場に転職したい」といったような形です.

このように前向きな理由を見つけると,希望条件が整理され,志望動機も考えやすくなります.

まずは自分の希望条件を紙に書き出してみて,そこから優先順位をつけていくのが良いと思います.

 

 

 

 

 ②転職市場の相場を分かっていない 

まずは理学療法士・作業療法士の転職の相場を理解しておくことが重要です.

例えば理学療法士・作業療法士の職場で年収700万以上となるとほぼそういった求人は無いと思いますし,年間の休日が120日以上を希望してもそういった職場はなかなか見つからないと思います.

 

 

 

 ③下調べが出来ていない 

転職する前に重要なのは事前の下調べです.

事前の下調べができていないと転職活動がうまくいかないわけですが,なかなか一人で情報収集するのって大変です.

下調べの方法としても,最も良い方法は転職先を見学しにいくことです.

HPや書面だけで求人先の下調べをしても,失敗してしまうことがありますが,HPや書面だけで下調べをしても,職場の雰囲気が分からないので,自分が思った職場ではなかったなんてこともあるわけです.

百聞は一見にしかずと言いますが,足を運んで転職先を見学すると得られる情報が多いのは間違いないです.

現場でしか聞けないこともあるので,病院や施設の見学は絶対にしましょう.

また下調べとして有効なのは,転職サイトへ登録して情報を得ることです.

転職活動を始めて,自分なりにたくさん下調べしたとしても,転職に関しては全くの素人です.

転職サイトへ登録してプロであるアドバイザーから意見を聞けば,より多くの情報を得ることができます.

 

 

 

 ④転職するタイミングが分かっていない 

自分の働いている環境が悪いと,知り合いの職場が良く見えてしまうものです.

いわゆる隣の芝は青く見えるってやつですね.

一刻も早く状況を打開したいのは分かりますが,焦れば焦るほど良い条件の求人に出会える確率は下がってしまいます.

とはいえ,慎重になりすぎると良い求人を逃してしまうことになりますので,適切なタイミングで転職を進めることが重要です.

転職のタイミングを考える際には,1年の中におけるタイミングと,自分の年齢を考えたタイミングを考える必要があります.

1年の中のタイミングであれば夏季~秋季が最も求人情報が出るタイミングですので,夏季~秋季に向けて準備を進めることが大切です.

 

また自分の年齢も重要です.

一般的に転職が勧められるタイミングは20代後半です.

20代の理学療法士・作業療法士へ転職の勧め

特にリハビリ業界は若い集団なので少し仕事を経験した中堅理学療法士・作業療法士が重宝されます.

逆に40代にもなると転職しにくくなるのも事実です.

 

 

 

 ⑤1人で転職活動をしている 

これは転職サイトに登録して面談を受けると気づくことですが,面談を受けると1人で転職活動をすることがいかに無力であるかを痛感させられます.

転職市場の相場や転職するタイミングも知ることが出来ますし,転職サイトを使うメリットは非常に大きいわけです.

また自分自身の性格も含めて,自分では自分のことはわかっていると思っていても案外わかっていないのが人間です.

第3者に客観的に自分を評価してもらうことで,転職活動における面接や小論文なんかにも生かすことができるわけです.

今回は私が利用したことのある転職サイトをいくつかご紹介いたします.

 

 

 

 マイナビ 



マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

特にマイナビは離職率が低い就職先を多く扱っているという特徴があり,職場の雰囲気や働きやすさを重要視して転職をしたい人にはお勧めです.

 

 

 

 PTOT人材バンク 



ここは非常に求人数も多く,希望する転職先の情報を細かく登録できるのでお勧めです.

私自身も転職時にはこういった人材バンクに登録をしておりましたが,エージェントの方が自分に合った新しい職場に関する情報を提供してくださいます.

また施設見学や面談の日取りのスケジュール調整までしてくださるのでとても便利です.

 

エージェントの方を通じてこういった情報を得てもらえるので,職場の雰囲気や育児に対する理解などが気になる方はこういったサイトに登録しておいて,情報を得た上で,転職を考えることをお勧めします.

 

 

 

 

 株式会社メディカル・コンシェルジュ 



常勤はもちろんですが,長期派遣や1日単位など様々な雇用形態を取り扱っております.

パート求人を探したいならここもお勧めです.

非公開求人も多く,エージェントの方も丁寧に対応してくださいます.

拠点も全国的ですので安心して登録できます.

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です