理学療法士・作業療法士は職場の当たり前が正しいと思わない方がよい

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士は職場の当たり前が正しいと思わない方がよい

1つの職場で働いていると他の職場で働く理学療法士・作業療法士からすると驚かれるような職場内の常識に唖然としてしまうことがあります.

特に先輩が上司がやっているからこれは当たり前といった考え方は特に危険です.

今回は理学療法士・作業療法士は職場で当たり前が正しいと思わない方がよいといったお話です.

brown wooden tool on white surface

 

 

 

 

 

 

残業するのが当たり前

皆さんの職場では残業するのが当たり前になってませんか?

しかもサービス残業…

若手理学療法士・作業療法士は仕事が遅いんだから,残業するのが当たり前…

先輩が残ってクライアントのために頑張っているんだから,若手理学療法士・作業療法士も残業するのが当たり前…

こんな職場は危険ですね.

1つの職場にいると残業するのが当たり前で誰も違和感を覚えないなんてこともありますから,職場での当たり前が正しいと思わない方が良いですね.

 

 

 

 

 

 

 

有給休暇を取得しないのが当たり前

理学療法士・作業療法士の場合,特にスタッフ数が少ない職場では,一人の理学療法士・作業療法士が有給休暇を取得すると,クライアントのリハビリが休みになってしまうこともあるでしょう.

こういった場合って休みにくいですよね.

ただあなたが休むことによってリハビリテーションを提供できないのはあなたの責任ではありません.

あなたが休暇を取得した際にもリハビリテーションサービスを提供できるだけの体制を整えていない組織に問題があるわけです.

クライアントのリハビリの時間を確保するために有給休暇は取得しないのが当たり前…

新人なんだから他の理学療法士・作業療法士に迷惑をかけないのが当たり前…

先輩理学療法士・作業療法士が有給休暇を取得していないのだから,若手理学療法士・作業療法士が有給休暇を取得しないのは当たり前…

こんな職場は危険ですね.

1つの職場にいると有給休暇を取得しないのが当たり前で誰も違和感を覚えないなんてこともありますから,職場での当たり前が正しいと思わない方が良いですね.

 

 

 

 

 

 

 

昼休みにカルテを記録する

人員が不足しているリハビリテーション部門ではこれも多いですね.

昼ご飯を10分ほどで食べて昼休みにはひたすらカルテを記載したり,リハビリテーション実施計画書を作成したり…

間接業務は休憩時間に行って,できるだけクライアント対応の時間を増やすのが理学療法士・作業療法士であれば当たり前…

先輩理学療法士・作業療法士だって休憩せずに働いているんだから,若手理学療法士・作業療法士も休憩時間を仕事に充てるのが当たり前…

理学療法士・作業療法士だったら,クライアントを良くしてなんぼなんだから,就業時間に記録するなんてもったいない…

こんな職場は危険ですね.

1つの職場にいるときちんと休憩を取らないのが当たり前で誰も違和感を覚えないなんてこともありますから,職場での当たり前が正しいと思わない方が良いですね.

 

 

 

 

 

 

 

 

早く出勤して当たり前

前残業が当たり前になっている職場も少なくないと思います.

若手・新米なんだから早く出勤して掃除をしてクライアントの情報収集するのは当たり前…

先輩理学療法士・作業療法士が始業時間前に出勤して情報収集しているんだから,早く出勤して情報収集するのが当たり前…

就業時間に情報収集していたらクライアントへの対応時間が短くなるので,クライアントのためにも早く出勤するのが当たり前…

こんな職場は危険ですね.

1つの職場にいると早く出勤して情報収集するのが当たり前で誰も違和感を覚えないなんてこともありますから,職場での当たり前が正しいと思わない方が良いですね.

 

 

 

 

 

 

 

 

場合によっては職場の先輩・上司が間違っている場合も

ここまでいくつかリハビリテーション部門内の誤った当たり前についてご紹介させていただきました.

どうしても1つの職場にいると,何が正しくて何が誤っているのかがわかりにくいところがありますが,職場での当たり前が正しいと思わない方が良いですね.

 

今回は理学療法士・作業療法士は職場で当たり前が正しいと思わない方がよいといったお話です.

理学療法士・作業療法士は職場内での当たり前を当たり前と思わず法律を確認することが重要ですね.

タイトルとURLをコピーしました