このデータを見るとTHA例に対する病院内での脱臼指導って何なのかと思ってしまう

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

このデータを見るとTHA例に対する病院内での脱臼指導って何なのかと思ってしまう

人工股関節全置換術(THA)例に対して理学療法士・作業療法士が脱臼予防を目的とした日常生活指導を行う機会は少なくないと思います.

最近は大径骨頭が増えたことや,前方アプローチが増えたこともあって脱臼予防を目的とした日常生活指導を行う機会は以前より少なくなっているかもしれません.

ただ理学療法士・作業療法士として気になるのは,入院中に行った指導をクライアントは退院後にどれだけ遵守できているのでしょうか?

今回は人工股関節全置換術症例の脱臼予防を目的とした日常生活指導は本当に意味があるのかどうかについて考えてみたいと思います.

Children, Curious, Kneeling, Italy, Bergamo

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Arch Orthop Trauma Surg. 2021 Mar 12. doi: 10.1007/s00402-021-03837-9. Online ahead of print.

Patient compliance with hip precautions 12 weeks following primary elective total hip arthroplasty

Jamie McNaught 1, Deborah Davidson 2, Alistair Ewen 2, Findlay Welsh 2, Rohit Maheshwari 2

Affiliations expand

PMID: 33709205 DOI: 10.1007/s00402-021-03837-9

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Introduction: Patients are routinely advised to follow hip precautions following their total hip arthroplasty (THA) surgery. There is lack of evidence regarding compliance with these precautions and when patients return to activities of daily living following their surgery.

人工股関節全置換術(THA)後,クライアントは股関節の脱臼に関する注意事項を遵守するように指導がなされます.

しかしながら脱臼予防に関する日常生活上の注意事項の遵守状況や,クライアントがが手術後に日常生活に復帰するタイミングについては不明であります.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Materials and methods: We designed a new questionnaire to discover when patients return to their activities of daily living. Two hundred and ninety seven consecutive patients who attended 12 week follow up arthroplasty clinic following their primary elective THA were asked to complete the questionnaire.

この研究ではクライアントが日常生活に復帰する時期を知るために,新しい質問票を作成しております.

Primary THAを受けた後,12週間のフォローアップが可能であった連続290例を対象としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: All patients who attended the follow up clinic at 12 weeks responded to the questionnaire. Only 6.3% (n = 19) of the patients reported that they restricted their daily activities, as prescribed for the full 12 week period, while 50% (n = 148) of patients stopped using prescribed adaptive equipment by 6 weeks after their operation. There were no dislocations recorded among the study group.

12週間後のフォローアップに参加したクライアントがが質問票に回答しております.

12週間の間に指導された日常生活指導を遵守していたのはわずか6.3%(n=19)であり,50%(n=148)のクライアントが術後6週間までに脱臼予防のための補助具の使用をやめておりました.

今回の対象例の中には脱臼した症例は存在しませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: We found that the majority of patients do not adhere to hip precautions advice. They return to their activities of daily living prior to the end of prescription period based on their pain and activity level. Lack of adherence to hip precautions do not predispose to hip dislocation in the immediate post-operative period.

大多数のクライアントがが脱臼予防に関する日常生活上の注意事項を遵守していないことが明らかとなりました.

クライアントは痛みや活動レベルに応じて,日常生活に復帰しており,脱臼予防に関する日常生活上の注意事項を遵守しないからといって,術後すぐに股関節脱臼が起こるわけではないことが明らかとなりました.

 

今回は人工股関節全置換術症例の脱臼予防を目的とした日常生活指導は本当に意味があるのかどうかについて考えてみたいと思いました.

このデータを見ると理学療法士・作業療法士が行うTHA例に対する病院内での脱臼指導って何なのかと思ってしまいますね.

全例に対して何をしても問題無いですよというわけにはいきませんが,やはり症例毎に易脱臼性を考慮したうえで厳しい制限をすべき人は徹底的にそうでない人はそれなりにといった指導を行う必要があるでしょうね.

 

タイトルとURLをコピーしました