Ducal mobility systemによる人工股関節全置換術による脱臼予防効果

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Ducal mobility systemによる人工股関節全置換術による脱臼予防効果

最近,人工股関節全置換術のインプラントの中で注目されているのが,Dual mobility systemです.

理学療法士・作業療法士がDual mobility systemのTHA後のクライアントに携わる機会も増えております.

今回はDual mobility systemによる人工股関節全置換術による脱臼予防効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

white and gray floral textile

 

 

 

 

 

 

 

 

Dual mobility systemとは?

論文をご紹介する前にまずDual mobility systemについて簡単に整理しておきたいと思います.

人工股関節には,摺動面摩耗や,材料の酸化などによる劣化を極力防ぎ耐用年数を延ばすこと,そして脱臼を防ぐことが求められます.

脱臼を防ぐための方策としてはヘッドを大きくするといった方策が一般的ですが,一方でヘッドを大きくしてしまうとライナーとの間での摩擦が大きくなってしまい,人工股関節自体の耐用年数が短くなるといったデメリットもあります.

こういったジレンマの解決が期待されているのが,Dual mobility systemです.

従来のインプラントでは,ヘッドとライナーの間でのみ摺動するのが一般的ですが,Dual mobility systemではヘッドとライナー間の摺動に加え,ライナーとカップ間でも摺動が可能です.

Dual mobility systemでは摺動面が2か所になりますので,従来の1か所の摺動面の機種に比較して,可動域が拡大し,脱臼が生じにくいといった特徴があります.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Injury. 2021 Jan 21;S0020-1383(21)00062-0. doi: 10.1016/j.injury.2021.01.027. Online ahead of print.

Dual Mobility hip replacement in hip fractures offer functional equivalence and a stability advantage – A case-controlled study

Christian Eb Gray Stephens 1, Olutunmise J Ashaye 2, Tal D Ellenbogen 2, Shaun A Sexton 3, Rory G Middleton 3

Affiliations expand

PMID: 33518294 DOI: 10.1016/j.injury.2021.01.027

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Hip fracture is a common and serious injury in the elderly. Hip arthroplasty is the most frequently performed procedure for patients with an intracapsular hip fracture. The majority of national guidelines recommend total hip arthroplasty (THA) for more active patients. Literature indicates significant stability advantages for dual mobility (DM) acetabular components in non-emergent scenarios. Evidence supporting the use of DM in hip fracture patients is limited.

大腿骨近位部骨折は高齢者に多く見られる重篤な外傷です.

大腿骨近位部骨折の中でも大腿骨頸部骨折例に対しては人工骨頭置換術が施行されることが多いです.

また最近では活動的な大腿骨頸部骨折例に対しては人工骨頭置換術ではなく人工股関節全置換術(THA)が推奨されております.

またDual mobility systemはコンポーネントの安定性に大きな利点があることが示されております.

しかしながら大腿骨近位部骨折例に対するDual mobility systemの使用を支持するエビデンスは限られております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Aim: We set out to ascertain if DM implants offer stability and/or functional advantages over standard THA in patients with hip fracture.

そこでこの研究では大腿骨頸部骨折例におけるDual mobility systemの使用がが標準的なTHAよりも安定性や機能的に優れているか否かを明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: We utilised our local National Hip Fracture Database to identify all patients undergoing either a standard or DM THA for hip fracture (n=477) We matched cohorts based on age, AMTS, mobility status pre-operatively, gender, ASA and source of admission. Our primary outcome of interest was functional status using the oxford hip score (OHS). Secondary outcome measures included dislocation, fracture and deep infection requiring further surgery.

全国大腿骨近位部骨折データベースを利用して,大腿骨近位部骨折に対して標準的なTHAまたはDual mobility systemによるTHAを施行した対象者を特定しております(n=477).

主要アウトカムは,Oxford hip score(OHS)を用いた身体機能としております.

副次アウトカムを,脱臼,骨折,手術を必要とする深部感染症としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: 62 patient pairs were available for this study. Mean OHS for DM THA was 41.5 and for standard THA this was 42.7 (p=0.58). There were 4 dislocations in the standard THA group and 0 with DM THA. No difference was seen with infection or peri-prosthetic fracture.

この研究では62例の患者ペアを使用して比較を行っております.

Dual mobility system THAの平均OHSは41.5,標準THAでは42.7であり(p=0.58),有意差を認めませんでした.

脱臼については標準THA群で4件,Dual mobility system THA群で0件でありました.

感染症や人工関節周囲骨折については両群間で有意差は見られませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: This study demonstrates functional equivalence between DM and standard THA. In addition it shows a trend towards less dislocation with DM THA. Cost savings from less instability may outweigh initial prosthesis costs. This study suggests a suitably powered RCT using instability as the primary outcome measure is indicated.

この研究では,Ducal mobility system THAと標準THAの機能的同等性が示されました.

さらにDual mobility system THAでは脱臼が少なくなる傾向があることが示されました.

不安定性の減少によるコスト削減は,従来のインプラントのコストを上回る可能性があります.

 

今回はDual mobility systemによる人工股関節全置換術による脱臼予防効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

今後もDual mobility systemによるTHAは増えそうなので,理学療法士・作業療法士としてもDual mobility system THAについて学ぶ必要がありそうですね.

タイトルとURLをコピーしました