新型コロナウイルス感染拡大で米国ではどのくらいの人工関節全置換術が延期されるのか?

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型コロナウイルス感染拡大で米国ではどのくらいの人工関節全置換術が延期されるのか?

新型コロナウイルス感染拡大により本邦でもさまざまな手術が延期されている状況です.

以前にも日本整形外科学会から出された不要・不急の手術延期を促す通達に関してご紹介させていただきました.

 

新型コロナウイルス感染拡大で日本整形外科学会が手術を減らすよう通達
今回は新型コロナウイルス感染拡大で日本整形外科学会から出されたこの通達に関して考えてみました. パーソナルジム・通所施設・外来クリニックだけでなく,理学療法士・作業療法士が勤務する多くの施設で影響が出そうな状況です. こうなると理学療法士・作業療法士の給与はもとより,来年の求人にも大きな影響が出そうですね.

 

本邦よりも感染拡大状況が著しい米国における人工関節全置換術の件数の推移に関する報告がなされておりましたので,今回は米国における人工関節全置換術の激減に関して紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Arthroplasty. 2020 Apr 24. pii: S0883-5403(20)30448-4. doi: 10.1016/j.arth.2020.04.060. [Epub ahead of print]

Effect of COVID-19 on Hip and Knee Arthroplasty Surgical Volume in the United States.

Bedard NA1, Elkins JM1, Brown TS1.

今回ご紹介する論文は2020年に公開された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

In an effort to help combat the COVID-19 pandemic and preserve essential health care resources, starting in mid-March 2020, surgeons have been instructed to only perform essential surgical procedures. The vast majority of hip and knee arthroplasty surgery does not meet the definition of essential surgery. This study estimated the number of arthroplasty procedures that would be canceled because of these important restrictions.

COVID-19パンデミックへの対策として,必要不可欠な医療資源を保護するための取り組みが始まっております.

米国でも2020年3月中旬から,外科医は必要不可欠な手術のみを行うように指示されております.

人工股関節・膝関節全置換術の多くはこの必須手術の定義を満たしておりません.

このけんきゅうでは,COVID-19による手術の制限による人工股関節全置換術・人工膝関節全置換術の数を推定しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

The US hip and knee arthroplasty procedure volume projections for 2020 were estimated from four recently published studies. Data from the American Joint Replacement Registry were utilized to determine what percentage of these cases would be considered nonessential surgery. Monthly and weekly estimates of nonessential hip and knee arthroplasty procedures that would have occurred had there not been any restrictions due to COVID-19 were calculated.

この研究では最近発表された4つの研究から,2020年の米国の人工股関節全置換術および人工膝関節全置換術の手術件数の予測を推定しております.

これらの症例のうち,何%が非必要な手術とみなされるかを決定するために,米国人工関節置換術レジストリー(American Joint Replacement Registry)のデータを利用しております.

COVID-19による制限がなければ行われていたであろう人工股関節全置換術・人工膝関節全置換術の月次および週次の推定値を算出しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

After excluding essential procedures, it was estimated that approximately 30,000 primary and 3000 revision hip and knee arthroplasty procedures will be canceled each week while COVID-19 restrictions regarding nonessential surgery are in place. If only 50% of nonessential cases were actually canceled across the United States, that would still result in the cancellation of 15,001 primary and 1435 revision hip and knee arthroplasty procedures per week while restrictions are in place.

必須の手術を除いた後,COVID-19によって必須ではないと判断された手術の制限がある間,毎週約30,000件の初回手術と3,000件の再置換術がキャンセルされるとの推定がなされました.

仮に米国全体で必須ではないとされる手術の50%だけが実際にキャンセルされたとすると,制限が行われている間,週に1万5,001件の初回手術と1435件の再置換がキャンセルされることになります.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

This study highlights the profound impact COVID-19 is having on our current hip and knee arthroplasty volume. The large number of cases canceled because of COVID-19 translates into major financial losses for health care institutions and may have a profound impact on our patients.

この研究では,COVID-19が現在の人工股関節全置換術および人工膝関節全置換術の件数に大きな影響を与えることが明らかとなりました.

COVID-19のためにキャンセルされた手術は,医療機関にとって大きな経済的損失となり,クライアントにとっても大きな影響を与える可能性が高いとしております.

 

今回は米国における人工関節全置換術の件数減少を推定した論文をご紹介させていただきました.

米国と日本では感染拡大の状況そのものが異なりますが,本邦ではどのくらいの手術が延期になっているのかが気になるところですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました