こんなにも早く理学療法士が淘汰される時代が来るとは

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんなにも早く理学療法士が淘汰される時代が来るとは

某理学療法士・作業療法士の大手サイトによると新型コロナウイルス感染拡大に伴い,理学療法士が解雇になる事例が早くも出てきております.

新型コロナウイルス感染拡大に伴い整形外科クリニックでは外来リハビリテーションを受けるクライアントが減少し,通所施設でも利用者が減少している状況です.

もちろんこの新型コロナウイルス感染拡大の波は自費リハ業界にも影響を及ぼしておりまして,非常に厳しい状況になっているようです.

こんなにも早く理学療法士が淘汰される時代が来るとは想像しておりませんでした…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士は生き残れるのか?

以前にも記事にさせていただきましたが2040年には理学療法士の供給数が需要数の1.5倍になることが明らかにされております.

 

理学療法士・作業療法士の需要推計 理学療法士・作業療法士が不要になる?
この推計をどこまで信じるかは置いておいて,ここまでの推計というのは素人では難しいだろうといったことはと理解いただけると思います. また一番重要なのは理学療法士・作業療法士の供給数の伸びはその需要を上回るほど過剰であるといった点です. われわれの生活を守る上でも早めに養成校の入学者数を制限するなどの対策を講じないと,今の20代の理学療法士・作業療法士の将来が心配でなりません.

 

私自身は理学療法士が淘汰されるのは高齢者数が著しく減少する2040年以降だと考えておりましたが,新型コロナウイルスパンデミックで理学療法士・作業療法士業界も大きく変化しております.

昨年までは高齢者数が減少するまでは理学療法士・作業療法士というのは基本的には安定している職業だと考えておりました.

他の会社に比べたらクビになるリスクも低いですし,ここ5年・10年でそこまで大きな変化は無いと考えておりました.

ただ新型コロナウイルスパンデミックで第一次理学療法士淘汰時代が早くもやってきてしまったのです.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自営理学療法士・作業療法士のオンラインサロンの増加

新型コロナウイルスパンデミックの影響で,関東・関西圏の自費リハビリなんかはかなりの影響を受けております.

極端に収益が減少した自営理学療法士・作業療法士がオンラインサロンをはじめ,note等の有料商材を多数販売してなんとか収入を補てんしようとする動きが増えてきております.

元々オンラインサロンを立ち上げている理学療法士・作業療法士の多かったわけですが,経営難に陥り,時間ができたからサロンを開設といった理学療法士・作業療法士が多いのでしょうか.

新型コロナウイルスパンデミックで,やはり自営というのはそうとうな実力が無いと難しいなと感じさせられます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリニックにおける理学療法士・作業療法士の解雇

またクリニックにおいても著しく外来リハビリテーション患者数が減少しており,収益面でかなり厳しい状況になっているようです.

クリニックによっては新型コロナウイルス感染拡大による経営悪化で,5月から理学療法士を一斉解雇にしたところもあるようです.

5月で既にこの状況です.

徐々に感染者数は減少しておりますが,外来リハビリテーション患者の外来リハビリ自粛がこのまま続けば,6月・7月と経営不振のクリニックが理学療法士・作業療法士を解雇する事例が増える可能性もあります.

そもそも外来リハビリテーションって微妙な位置づけです.

確かに必要性の高い方もいらっしゃいますが,新型コロナウイルス感染拡大で外来リハビリテーションを自粛するようなクライアントというのは元々リハビリテーションの必要性があったのかといった議論にも発展すると思います.

13単位以内で細々と外来リハビリテーションを継続されていた方も多かったのだと思いますが,こうなると厳しいですね.

こんなにも早く理学療法士が淘汰される時代が来るとは想像しておりませんでした.

悲しい話ですが理学療法士・作業療法士のリストラ話が今後ますます出てきそうですね.

やっぱり公務員が安定しているといった話もありますが,公的医療機関に関しては経営統合の話もありますので,どの職場が安定しているのかと考えると安定している職場は無いのではないかと思ってしまいます…

理学療法士・作業療法士が公務員として働くには?
今回の記事では,理学療法士・作業療法士が公務員になるにはといった視点でお話させていただきます.「公務員として働くセラピスト」についてご紹介いたしました. 希少な求人を一人の力で見つけるのはとても大変なことです. まずは転職サイトに登録をすることをお勧めします.
理学療法士・作業療法士も総合病院が安泰の時代は終わった 皆さんの病院は大丈夫ですか?
理学療法士・作業療法士も公的な病院に勤務すれば安泰といった時代は終わったわけですね. やはり自分を磨くことを続けないと淘汰される時代なのは間違いありません. 申し訳ありませんが公立・公的な医療機関ほど年数だけがただ経過している理学療法士・作業療法士が多いといった印象もありますので(もちろんそうでない場合もありますが,あくまで印象ですのでご勘弁を),今後の再編の動きがどうなるのかが気になりますよね. いずれにしても国からすればベッドを削減しやすいのは民間よりも公的な医療機関だと思いますので国公立病院で中小規模の医療機関の再編が勧められるのは間違いないでしょうね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました