末期変形性股関節症例における仙腸関節障害

変形性股関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

末期変形性股関節症例における仙腸関節障害

理学療法士・作業療法士の皆様も変形性股関節症例を担当する中で,仙腸関節由来の疼痛を有する症例を経験することは少なくないと思います.

股関節の隣接関節といえば,遠位は膝関節,近位は仙腸関節ですので,股関節の可動域制限等によって隣接関節である仙腸関節にさまざまな問題が出現することは少なくないと思います.

今回は末期変形性股関節症例における仙腸関節障害について検討した研究報告をご紹介させていただきます.

person massaging the back of a woman

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Orthop Sci. 2020 Mar 3. pii: S0949-2658(20)30055-5. doi: 10.1016/j.jos.2020.02.005. [Epub ahead of print]

Sacroiliac joint degeneration is common in patients with end-stage hip osteoarthritis secondary to unilateral developmental dysplasia of the hip: Factors associated with its severity and laterality.

Okuzu Y1, Goto K2, Shimizu Y1, Kawai T1, Kuroda Y1, Matsuda S1.

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された新しい論文です.

本邦で行われた臨床研究ですね.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

The etiology of sacroiliac joint (SIJ) degeneration has not been fully elucidated, and there has been almost no report on the relevance between SIJ degeneration and hip osteoarthritis secondary to developmental dysplasia of the hip (DDH). We investigated factors associated with SIJ degeneration, specifically its laterality in patients with end-stage hip osteoarthritis secondary to unilateral DDH.

仙腸関節障害の病院は十分には明らかではなく,発育性寛骨臼形成不全による二次性変形性股関節症と仙腸関節障害との関連性に関する報告はありません.

この研究では片側性の発育性寛骨臼形成不全による二次性変形性股関節症における仙腸関節障害に関連する要因を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

We included 152 patients with end-stage unilateral hip osteoarthritis secondary to DDH who underwent primary THA between January 2008 and November 2015. SIJ degeneration was classified (type 0, no degenerative change, to type 3, ankyloses) using preoperative axial computed tomography. SIJ degeneration of the DDH (shorter leg) and contralateral (longer leg) sides was compared; differences in patient demographics and radiological parameters between SIJ degeneration of type 0 or 1 versus type 2 or 3 for the shorter and longer leg sides were analyzed.

対象は片側性の発育性寛骨臼形成不全による二次性変形性股関節症に対して,2008年から2015年の間に初回人工股関節全置換術を行った152例となっております.

仙腸関節障害は術前のCTを用いてtype0,障害性変化なし,type1,type2,type3,強直に分類しております.

短縮側(発育性寛骨臼形成不全のある側)および反対側における仙腸関節障害と,基本的属性およびX線学的パラメーターをtype0・1とtype2・3で短縮側と延長側で比較しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

SIJ on the longer leg side showed more degenerative changes (p < 0.001). Substantial SIJ degeneration or ankylosis (type 2 or 3) was observed on 62.5% of longer leg sides and 33.6% of shorter leg sides. Factors significantly associated with SIJ degeneration severity were percent hip subluxation and leg length discrepancy for the longer leg side and body weight and body mass index (BMI) for the shorter leg side. Patients with worse degeneration on the shorter leg side (9.9%) had significantly larger BMI and longer sagittal vertical axis, whereas patients with worse degeneration on the longer leg side (46.7%) had significantly longer leg length discrepancy.

延長側の仙腸関節障害は有意に仙腸関節の変性が進行しており,実質的な仙腸関節障害および強直は延長側の62.5%にも及んでいた一方で,短縮側に関しては33.6%でありました.

仙腸関節障害の重症度に関連する要因としては,延長側では股関節亜脱臼の程度や脚長差が抽出されておりますが,短縮側では体重とBMIが抽出されております.

短縮側の仙腸関節障害が重度の症例ではBMIがより高値であり,矢状面における垂直軸が長く,延長側の障害が重度の症例ではより脚長差が大きい結果でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Severe SIJ degeneration was common in patients with end-stage hip osteoarthritis secondary to unilateral DDH. Patients with worse SIJ degeneration on the longer leg side had more hip subluxation, whereas patients with worse SIJ degeneration on the shorter leg (DDH) side tended to have sagittal spinal imbalance and greater body weight with larger BMI.

重度の仙腸関節障害は片側性発育性寛骨臼形成不全による二次性末期変形性股関節症例に多く見られることが明らかとなりました.

延長側における仙腸関節障害には亜脱臼の程度が関連し,短縮側における仙腸関節障害には矢状面における脊椎の不均衡とBMIの増加が関連しておりました.

 

理学療法士・作業療法士の皆様も変形性股関節症例を担当する中で,仙腸関節由来の疼痛を有する症例を経験することは少なくありません.

今回明らかとなった延長側・短縮側の仙腸関節障害に関連するリスクファクターを考慮すると,延長側の仙腸関節に疼痛を訴える症例においては脚長差の是正が必要と思われ,短縮側における仙腸関節障害に伴う疼痛に対しては,体重コントロールと矢状面上におけるアライメント調整が重要である可能性が考えられます.

コメント

タイトルとURLをコピーしました