整形外科疾患を担当する理学療法士・作業療法士が知っておきたい英単語

略語集・英語表記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

整形外科疾患を担当する理学療法士・作業療法士が知っておきたい英単語

理学療法士・作業療法士が診療録からクライアントの情報を得たり,英論文を抄読する上では英単語の知識が必須となります.

基本的な英単語をおさえておけば,より詳細かつ多くの情報を得ることができますので,まずは基本的な英単語の知識を知っておくことが必要となります.

今回は整形外科疾患を担当する理学療法士・作業療法士が知っておきたい英単語についてご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

骨(体幹・上肢)

尾骨:coccyx

肋骨:ribs, costae

胸骨:sternum

鎖骨:clavicle⇒clavicle bandで有名ですね.

肩甲骨:scapula⇒ご存じscapular planeのscapulaデスね¥。

上腕骨:humerus

橈骨:radius

尺骨:ulna

手根骨:carpal bones, carpals

舟状骨:scaphoid

月状骨:lunate

三角骨:triquetrum

豆状骨:pisiform

大菱形骨:trapezium

小菱形骨:trapezoid

有頭骨:capitate

有鈎骨:hamate

中手骨:metacarpal bones, metacarpals

基節骨:proximal phalanx

中節骨:middle phalanx

末節骨:distal phalanx

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

骨(下肢)

骨盤:pelvis⇒ペルビックアプローチなんかはこのpelvisの意味合いですね.

腸骨:ilium

坐骨:ischium

恥骨:pubis

大腿骨:femur

膝蓋骨:patella

脛骨:tibia

腓骨:fibula

足根骨:tarsals

距骨:talus

踵骨:calcaneus

舟状骨:navicular⇒navicular dropで有名ですね.

楔状骨:cuneiform

中足骨:metatarsal

趾節骨:phalanx

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

整形外科関連の英単語

拘縮:contracture⇒収縮はcontractionですので間違わないようにしたいですね.

挫傷:contusion

変形:deformity

脱臼:dislocation

固定:fixation⇒骨接合術はORIFと省略されますが,open repair internal fixationの略語ですね.

骨折:fracture⇒fxと省略されることも.

損傷:injury

阻血:ischemia

壊死:necrosis⇒壊死したことをネクッタなんていったりもします.

痺れ:numbness

穿刺:puncture

腫張:swelling

浮腫:edema⇒当然ですが腫張と浮腫では使用する単語が異なります.

圧痛:tenderness⇒理学療法士・作業療法士が使用することの多いtendernessですね.

創傷:wound⇒創部の状態が良好の場合には,wound clear等と記載されていることが多いです.

 

今回は整形外科疾患を担当する理学療法士・作業療法士が知っておきたい英単語についてご紹介させていただきました.

どれも頻出の用語ですのでまずはこのあたりをきちんとおさえたいですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました