TKAにおけるstiff knee gaitは対側の変形性膝関節症を増悪させる?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 TKAにおけるstiff knee gaitは対側の変形性膝関節症を増悪させる? 

人工膝関節(TKA)全置換術例においては術前からの疼痛回避のために膝関節を軽度屈曲位で固定して歩行するパターン(stiff knee gait)から脱却できない症例が少なくありません.

 

Stiff knee gaitってどんな歩容か知ってますか?
今回は変形性膝関節症例におけるStiff knee gaitについてご紹介いたしました.多くの症例がこういった歩行パターンを呈することが多いので,Stiff knee gaitに伴う歩行効率の低下や,その原因について理解しておく必要があるでしょう.

 

Stiff knee gaitはつまずきによる転倒危険を増加させるばかりではなく,骨盤傾斜を使った代償パターンを強いられることになりますので,脊椎や股関節への二次的障害を発生させることにもつながります.

しかしながらこれまで人工膝関節(TKA)全置換術例におけるstiff knee gaitが対側の変形性膝関節症に与える影響はこれまで不明でありました.

今回は人工膝関節(TKA)全置換術例におけるstiff knee gaitは耐用年数を短縮させるか否かを明らかにした研究報告をご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 今回紹介する研究 

J Orthop Res. 2019 Feb;37(2):397-402. doi: 10.1002/jor.24175. Epub 2018 Dec 17.

Stiff knee gait may increase risk of second total knee arthroplasty.

Zeni JA Jr, Flowers P, Bade M, Cheuy V, Stevens-Lapsley J, Snyder-Mackler L

今回ご紹介する研究は2019年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 研究背景および研究目的 

Osteoarthritis (OA) progression in the contralateral limb after unilateral total knee arthroplasty (TKA) may be related to altered and asymmetrical movement patterns that overload the contralateral joints. The purpose of this study was to determine if biomechanical factors after unilateral TKA were associated with future contralateral TKA.

片側人工膝関節(TKA)全置換術症例における対側の変形性膝関節症の進行は非対称性の歩行パターンと関連する可能性があります.

この研究では片側人工膝関節(TKA)全置換術後の力学的要因が対側膝関節の将来的な人工膝関節(TKA)全置換術と関連するか否かを明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 研究の対象 

One hundred and fifty-eight individuals who underwent unilateral TKA completed three dimensional motion analysis 6-24 months after unilateral TKA (baseline). Subjects were re-contacted for follow-up (mean 5.89 years after baseline testing) to determine if they had undergone a contralateral TKA. Biomechanical variables from gait at baseline were compared between those who did and did not undergo contralateral TKA at follow-up using one-way ANOVAs. Odds ratios were calculated for variables found to be significant in the ANOVA models.

対象は片側人工膝関節(TKA)全置換術を行い,術後6~24カ月の間に3次元動作解析を行った158例となっております.

対象者には対側の人工膝関節(TKA)全置換術を行ったか否かを調査しております.

術後における歩行中の力学的要因に関して対側膝関節の人工膝関節(TKA)全置換術を行った症例と行っていない症例に関して一元配置分散分析を用いて比較を行っております.

さらに分散分析モデルからオッズ比を算出しております.

 

 

 

 

 

 

 研究の結果 

Individuals who underwent contralateral TKA had less knee flexion excursion (10.5° vs. 12.1°; p = 0.032) and less knee extension excursion (8.2° vs. 9.6°; p = 0.035) at baseline on the operated side during walking. Individuals who underwent contralateral TKA also had less knee flexion excursion on the contralateral limb at baseline (11.9° vs. 14.0°; p = 0.017). For every additional degree of knee flexion excursion on the contralateral knee at baseline, there was a 9.1% reduction in risk of future contralateral

対側の人工膝関節(TKA)全置換術を行った症例は歩行中の術側膝関節屈曲角度・膝関節伸展角度が有意に小さい結果でした.

また対側の人工膝関節(TKA)全置換術を行った症例は対側の膝関節屈曲角度についても有意に小さい結果でありました.

対側膝関節の屈曲角度が1°増えると対側の人工膝関節(TKA)全置換術のリスクが9,1%減少することが明らかとなりました.

 

 

 

 

 

 

 研究から得られる臨床的示唆 

TKA. Individuals who walked with stiffer gait patterns were more likely to undergo future contralateral TKA.

Altered movement patterns after surgery may increase the risk for contralateral TKA. Knee excursion is an important metric to include in outcome studies and may serve as a target of rehabilitation after TKA. © 2018 Orthopaedic Research Society. Published by Wiley Periodicals, Inc. J Orthop Res 37:397-402, 2019.

この研究結果からstiff knee gaitを呈するような歩行中の膝関節屈曲・伸展角度が低下した片側人工膝関節(TKA)全置換術症例においては対側の人工膝関節(TKA)全置換術のリスクが高いことが明らかとなりました.

術後の運動パターンの変化が対側の人工膝関節(TKA)全置換術のリスクを増加させるものと考えられます.

 

歩行中の膝関節角度は対側人工膝関節(TKA)全置換術のリスクを増加させることを考えると,歩行パターンにターゲットを当てたリハビリテーション(理学療法プログラム)が必要であると考えられます.

コメント

タイトルとURLをコピーしました