理学療法士・作業療法士は複数の就職先を併願できない,内定を辞退できないって本当?

投稿者: | 2018年11月17日

 PT・OTは複数の就職先を併願できない,内定を辞退できない? 

われわれ理学療法士・作業療法士の業界では,特に新卒採用の場合には,1つの就職先の合否がはっきりするまでは,次の就職先を受験できないといった業界ルールのようなものが昔から存在します.

この業界ルールを皆さんどうお考えでしょうか?

今回は理学療法士・作業療法士の就職活動における内定辞退について考えてみたいと思います.

 

 

 

 

 なぜPT・OTの就職活動では内定辞退が許されないのか? 

われわれ理学療法士・作業療法士のリハビリ業界では内定辞退を良しとしない慣習があります.

内定辞退が許されないわけですから,基本的に複数の就職先を併願するということも難しいわけです.

この理由は謎ですが,いったん採用が決定されたら内定蹴りを良しとしないといった慣習は今も大きく変わっていないと思います.

 

この業界ルールがなぜ存在するのかといった理由ですが,考えられることとしては,先方に失礼だからとか,内定を辞退すると養成校の印象が悪くなるからとかそういった理由が多いと思います.

おそらく多くの養成校で,就職活動時には複数の就職先を併願することを禁止しているのが普通だと思います.

 

 

 

 他の職種はどうなのか? 

まず医療職以外で考えますと,一般企業の就職試験を受験する場合には,併願というのは当たり前のように行われます.

人によっては10社以上の就職試験を受けるといった場合もあるわけです.

同じ医療職の中でも看護師の併願受験や内定辞退に関しては,われわれ理学療法士・作業療法士の業界に比較すると,あまり厳しくないようです.そもそもの雇用されている人数が異なりますので,単純比較はできませんが,このような内定辞退が許されないというのは,さまざまな職業を見ても非常に珍しいということがわかります.

 

 

 

 法律上は内定辞退は問題があるのか? 

まず日本国憲法では,「職業選択の自由」がありますので,内定辞退は法律上は可能だと思われます.

そういった意味では,理学療法士・作業療法士養成校の学生が内定を辞退するのも,法律上は問題ないことになります.

ただし現行では,学校の求人票での応募であれば,これからの後輩などへの影響は避けて通れませんし,養成校の先生にも大きな迷惑をかけてしまうことになります.

また理学療法士・作業療法士の世界は非常に狭い世界ですので,あなたが将来的に専門職として活動していく中でももしかすれば大きなマイナスになってしまう可能性があります(特に同じ都道府県内に就職するような場合には注意が必要です).

 

仮にどうしても内定を辞退するのであれば養成校の先生に相談した上で,早めに電話で誠意をもって謝罪すべきです.

新年度に近づけば近づくほど,あなたが内定を辞退したことによって,多大な迷惑をかけてしまうことになりますので,できるだけ早く内定辞退を伝えることが重要です.

 

 

 

 時代の変化に合わせて業界ルールも変わるべき 

昨今は理学療法士養成校の数が増え,特に医療機関における就職活動は倍率が10倍近い医療機関もある状況です.

受験すればおおよそ合格できるといったかつてとは,時代が変わってきているわけです.

そんな中で複数の就職先を受験したいといった思いを持つ学生が多くなるのも十分に理解できます.

そもそも学生の併願や内定辞退を見越したうえで,雇用側が企業努力をするのが本来の姿ではないでしょうか?

 

例えば内定補欠者を確保して,内定辞退がでれば補欠者を繰り上げ採用するとか,そういった対応も今後必要になってくるのではないでしょうか?(昨今は国家試験の合格率が低くなってきておりますので,補欠制度を採用試験の中に取り入れている病院は増えてきているようです)

こんな方法は一般社会では当たり前なわけですが,この業界は何でこんなおかしなルールになったのでしょうかね?

 

 

 

 転職の場合は? 

転職の場合にも,基本的には内定辞退はNGと考える職場が多いようですが,養成校へ迷惑をかけるかけないといった点から考えると,新卒採用の場合に比較すれば辞退しやすいと言えるでしょう.

 

最近は転職サイトに登録しての転職活動が一般的になっておりますので,こういったサイトを利用していれば,転職エージェントを通じて内定辞退の相談も安心してできますので,転職活動を考えられている方は,こういったサイトに登録することをお勧めします.

 

 PTOT人材バンク 



ここは非常に求人数も多く,希望する転職先の情報を細かく登録できるのでお勧めです.私自身も転職時にはこういった人材バンクに登録をしておりましたが,エージェントの方が自分に合った新しい職場に関する情報を提供してくださいます.また施設見学や面談の日取りのスケジュール調整までしてくださるのでとても便利です.

エージェントの方を通じてこういった情報を得てもらえるので,有休消化や残業時間などが気になる方はこういったサイトに登録しておいて,情報を得た上で,転職を考えることをお勧めします.

特にPTOT人材バンクは管理者募集等の高年収の求人を多く扱っておりますので,転職をきっかけにスキルアップしたい方にはお勧めです.

 

 

 マイナビ 



マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.特にマイナビは離職率が低い就職先を多く扱っているという特徴があり,職場の雰囲気や働きやすさを重要視して転職をしたい人にはお勧めです.

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です